FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

日々“是”精進! ver.F

大河ドラマ「平清盛」第30回 

崇徳上皇の怨念…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207290004/


平 清盛 三
平 清盛 三藤本 有紀

NHK出版 2012-07-26
売り上げランキング : 1551


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版

NHK出版 2012-05-30
売り上げランキング : 3065


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト



category: 大河ドラマ

thread: 大河ドラマ 平清盛 - janre: テレビ・ラジオ

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/2138-9a2dd8ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【平清盛】第30回

ついに第二部完結へ! 2つの乱で死んでいった者たちの魂を鎮めるため、清盛(松山ケンイチ)は厳島神社へ、 平家一門が製作した経典を納めることを思い立つ。 そして乱最大の犠牲
ドラマ@見取り八段・実0段 [2012/07/29 20:23]

〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第30回「平家納経」 平安最強の怨霊「崇徳院」誕生!

今日はまだ「生霊」としての活躍だったけど 本領発揮は亡くなったこれから、 死後10年以上経ってから 「延暦寺の強訴、安元の大火、鹿ケ谷の陰謀」 なんかは崇徳院の怨霊のせいだ
しっとう?岩田亜矢那 [2012/07/29 20:42]

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男30崇徳上皇の怨霊に不幸が続出し清盛はこれまでの死者の弔いと怨霊を収めるために平家の経典を嚴島神社に納めた

大河ドラマ「平清盛」第29話は讃岐に島流しにされていた崇徳上皇はこれまでの行いを詫びようと後白河上皇に写経をしたためた。しかし後白河上皇はその写経を受け取らず送り返す ...
オールマイティにコメンテート [2012/07/29 20:48]

崇徳院の末路 ~平清盛・平家納経感想~

讃岐に流された崇徳院は、貧しいながら悠々自適の生活。 それでも後白河院にわびたいようだけど・・・狂気を秘めた後白河院には通じず、挙句不気味と言われて赤子に破られる・・・
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 [2012/07/29 20:54]

平清盛 第30回 平家納経

『平家納経』 内容 後白河上皇(松田翔太)と滋子(成海璃子)との間に、憲仁親王が誕生。 時忠(森田剛)は、憲仁親王を東宮へ、、そして次の帝にと画策を始める。 だが二条帝(冨
レベル999のgoo部屋 [2012/07/29 21:03]

平清盛 第30回「平家納経」

ロンドン・オリンピックが始まって、地上波では普段より1時間遅れの21時からの放送です。 BSではいつも通り、18時からの放送だったので、いつもと変わらずの感想記事です。(^^)
みはいる・BのB [2012/07/29 21:12]

NHK大河ドラマ『平清盛』第30回「平家納経」

やっぱ、夏ですもんね。暑い。ほんとに。 そろそろ涼しい気分にもなりたいな、と。 やってくれましたよ、納涼・怨霊まつりです・・・(@_@) 想像してた以上にすごかった~~~怨
よくばりアンテナ [2012/07/29 21:41]

平清盛 第30回 「平家納経」

いつもは本放送の時間に合わせて予約投稿してるんですが、ちょっといつ始まるかわからなくなっているので、もう感想投稿しちゃいますね(・・;) 今日の感想 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓...
青いblog [2012/07/29 21:43]

大河ドラマ「平清盛」第30話

第三十回「平家納経」   
またり、すばるくん。 [2012/07/29 21:48]

『平清盛』 第30回「平家納経」

JUGEMテーマ:大河ドラマ応保元年(1161年)、保元の乱後に讃岐へ流されていた崇徳院は、静かな日を過ごしていました。自分を省みて、いまこそ弟の後白河上皇に詫びたいとも考え
ふるゆきホビー館 [2012/07/29 22:34]

大河ドラマ 「平清盛」 #30 平家納経

崇徳院の「呪い」、都を襲う。 あれ、オリンピックが長引いていますが…。 こういうとき、地デジだと録画開始も延期されるんですね…。
雨ニモマケズ 風ニモマケズ [2012/07/29 22:56]

平清盛 ♯30

放送時間まで思い通りにならぬ わが人生よ~ あ な に く し BSで見ておけば
しなもにあ 2 [2012/07/29 22:57]

平清盛 第30回「平家納経」

今回の最大のイベントは、清盛が今まで志半ばで命を落としていった人々の魂を沈めるため、三十三巻の経典を厳島神社に納経しようというもの。これは、前回清盛が自分がこれからも今...
あしたまにあーな [2012/07/29 23:57]

「平清盛」第30話。

怨霊の夏、日本の夏…!
Flour of Life [2012/07/30 00:34]

NHK大河ドラマ「平清盛」第30回「平家納経」

 え、やるんですか?っていうか、やんのか?本気か?本気と書いてマジと読むのか?うう~~ん、これまさに攻めダルマ!!!・・・あ、いえ、ほらほら、巷がこんなにロンドンロンド...
真田のよもやま話 [2012/07/30 07:51]

平清盛 第30回「平家納経」★崇徳院(井浦新)の”怨霊伝説”炸裂!!

『平清盛』第30回「平家納経」 『チェイス〜国税査察官〜』の村雲役で異彩を放った”ARATA=井浦新”が、久しぶりに面目躍如!! この人の才能に、普通の役柄では勿体ないのですよ
世事熟視〜コソダチP [2012/07/30 08:49]

平清盛 第30回「平家納経」〜これを捨てるは皆の魂を捨てると同じぞ!

 <怨念>が人の意思なら<鎮魂>も人の意思である。  今回は、そんなふたつの<人間の意思>のぶつかり合い。  途中、清盛(松山ケンイチ)は、教典を嵐の海に捨てて、怨念を鎮
平成エンタメ研究所 [2012/07/30 08:55]

平清盛12 平家納経

第30回 2012.7.29放送予定 「平家納経」 1161年、崇徳上皇(井浦新)は配流先の讃岐にいた。今はのどかに暮らす崇徳だったが、弟の後白河上皇(松田翔太)にわびようと写経をしたためる...
Nothing's gonna change my love for you [2012/07/30 11:30]

「平清盛」 第30回、平家納経

大河ドラマ「平清盛」。第30回、平家納経。 崇徳上皇の怨念! 平家は厳島の社に三十三巻の経典を納品します。
センゴク雑記 [2012/07/30 20:05]

平清盛 第三十回「平家納経」

愚かだった---- 讃岐(香川)に流され反省の日々を送っていた崇徳上皇様は 子重仁親王の死とその気持ちを綴った写経を突き返されると言うWパンチで 悪鬼のようなお顔に~~~!!
shaberiba [2012/07/31 21:16]

【平清盛】第30回感想と視聴率「平家納経」

今回、NHK総合での本放送、オリンピック中継が延長されたため、22時2分から始まりました(当初の予定は21時)。第30回の視聴率は、前回の10.7%より少し上がって、11.4%でした。オリンピ...
ショコラの日記帳 [2012/07/31 22:28]

平清盛【第30回】NHK大河ドラマ

平家納経  「なにゆえじゃぁっ!!!なにゆえじゃっ!!!なにゆえ…、なにゆえじゃぁっ!!!なにゆえじゃぁぁぁっ!!!あぁぁえぇぇぇぇああぁぁぁぁぁうおあぁぁぁぁぁぁぁっ
だらだらぐーたらぐだぐだ日記 [2012/08/01 18:50]

摂関家の真似をした清盛!!

弟の後白河上皇には足蹴にされ、そのうえ実の息子・重仁の死を聞かされた崇徳上皇、 その悪鬼となった姿は迫力ありましたね 平家納経のお蔭で崇徳院の怒りが静まったと言いたいの
函館 Glass Life [2012/08/02 14:02]

平清盛 第30回感想

で、戦国時代から 平安時代に飛びますが、まずは 今日はこの日記で皆様のところにTBでお邪魔するのは 時間的に無理かなぁと思うので明日お邪魔させてくださいませねm(__)mで、第30...
みやさとの感想文と(時々)感想絵 [2012/08/02 14:04]

『平清盛』第30話>崇徳院怨霊

第30話『平家納経』 「敗者となった方々の無念怨念も共に背負うていく…ことにもなりましょう」by盛国 基盛がいきなりクローズアップされたと思ったらアッサリ退場。 死亡フラ...
何がなんだか…ひじゅに館 [2012/08/05 22:46]

『平清盛』第30話>崇徳院怨霊

第30話『平家納経』「敗者となった方々の無念怨念も共に背負うていく…ことにもなりましょう」by盛国基盛がいきなりクローズアップされたと思ったらアッサリ退場。死亡フラグちう...
もう…何がなんだか日記 [2012/08/05 22:47]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

アクセス数