FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

日々“是”精進! ver.F

試写会「横道世之介」 

横道世之介に出会って、みな幸せ…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302190003/


横道世之介 (文春文庫)
横道世之介 (文春文庫)吉田 修一

文藝春秋 2012-11-09
売り上げランキング : 625


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今を生きて(初回生産限定盤)(DVD付)
今を生きて(初回生産限定盤)(DVD付)ASIAN KUNG-FU GENERATION

KRE 2013-02-20
売り上げランキング : 105


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ピクトアップ 2013年 02月号 [雑誌]
ピクトアップ 2013年 02月号 [雑誌]
ピクトアップ 2012-12-18
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト



category: 映画

thread: ☆試写会☆ - janre: 映画

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/2930-07e21a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『横道世之介』 2013年2月1,6日 ニッショーホール

『横道世之介』 を試写会で鑑賞しました。 本日の3本目! 2時間40分という長い映画です。 【ストーリー】  長崎県の港町で生まれ育った横道世之介(高良健吾)は、大学に進むため...
気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) [2013/02/20 00:06]

横道世之介

横道世之介@ニッショーホール
あーうぃ だにぇっと [2013/02/20 05:43]

[映画『横道世之介』を観た(試写会)]

☆ワーナーマイカルでの試写会が当たったので観て来ます。  この作品の時代背景、私の青春と見事に重なっています。  また、私は、主演の高良健吾のような容姿、そして、おそら
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 [2013/02/20 05:48]

横道世之介

1987年。 長崎の港町で生まれた横道世之介(よこみちよのすけ)は、大学進学のために上京したばかりの18歳。 サンバサークルに入部し、ホテルでポーターのアルバイトを始め、年上の...
象のロケット [2013/02/21 08:46]

横道世之介

サンバサークル。隣の目覚し時計。人違い。
悠雅的生活 [2013/02/23 22:11]

横道世之介

吉田修一著の同名小説を沖田修一監督が高良健吾主演で映画化した青春ストーリーです。 原作は未読ですけど評判は聞いていたので、この原作で監督&キャストが揃ったら どんな作品に
とりあえず、コメントです [2013/02/23 23:58]

横道世之介

50代以降の年代の大人なら、この映画に描かれた時代を経験している。お人好しで自分に自信がなく流されてしまうのだけど、頼まれたら断れない。そんな人間は今では少なくなってしま
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver [2013/02/24 00:02]

雨ニモマケズ。『横道世之介』

大学進学の為に長崎から上京してきた青年と彼を取り巻く人々の物語です。
水曜日のシネマ日記 [2013/02/24 01:24]

横道世之介〜笑いの中に死の気配

善人なおもて往生をとぐいわんや悪人をや 公式サイト。吉田修一原作、沖田修一監督。高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、朝倉あき、黒川芽以、柄本佑、佐津川愛美 ...
佐藤秀の徒然幻視録 [2013/02/24 08:26]

横道世之介

映画パンフレット 横道世之介 【監  督】沖田修一 【キャスト】高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛人のいい主人公と彼に関わった人々をオフビートな笑いで描く ...
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 [2013/02/24 10:28]

「横道世之介」1つのニュースを知った先にあの時代で出逢った男に魅了された人たちの忘れられない運命の出会いと想い出

「横道世之介」は1987年を舞台に大学生活を送る横道世之介と出会った人たちが彼の事を思い出し、当時を振り返りながら横道世之介との付き合っていた頃を描いていくストーリー ...
オールマイティにコメンテート [2013/02/24 20:46]

さよなら大好きなひと~『横道世之介』

          1987年、バブル前夜の東京。長崎から上京してきた横道世之介(高良健吾) は、法政大学に入学する。同級生の倉持(池松壮亮)や加藤(綾野剛)と出逢い、 サン
真紅のthinkingdays [2013/02/25 08:26]

さよなら大好きなひと~『横道世之介』

          1987年、バブル前夜の東京。長崎から上京してきた横道世之介(高良健吾) は、法政大学に入学する。同級生の倉持(池松壮亮)や加藤(綾野剛)と出逢い、 サン
真紅のthinkingdays [2013/02/25 08:26]

横道世之介/高良健吾、吉高由里子

『パレード』『悪人』の原作者である吉田修一さんの同名小説を『南極料理人』『キツツキと雨』の沖田修一監督が映画化した作品です。80年代の東京を舞台に長崎から上京した主人公 ...
カノンな日々 [2013/02/25 16:19]

映画『横道世之介』

 160分という長尺にやや腰が引けていたが、なんとなく評判が良さそうなので、新宿ピカデリーにて鑑賞。  『悪人』の著者・吉田修一さんによる同名小説が原作ですが、『悪人』とは1...
健康への長い道 [2013/02/25 20:55]

映画:「横道世之介」♪。

平成25年2月26日(火)。 映画:「横道世之介」。 監  督:沖田修一 脚  本:沖田修一・前田司郎 原  作:吉田修一 音  楽:高田漣 衣  裳:纐纈春樹 ヘ ア・
☆みぃみの日々徒然日記☆ [2013/02/26 10:59]

『横道世之介』は、どこにいる?

 小説の登場人物のうちでもっとも重要なのは主人公のはずだが、吉田修一氏は自著『悪人』の主人公祐一に関して、「自分は祐一そのものを書かなかった」と語っている。  小説に主
映画のブログ [2013/03/01 01:12]

映画『横道世之介』観たよ(*´∀`*)

原作読んで面白かったので、映画もぜひ!と、 本日2本目の劇場鑑賞です(o^ω^o) 原作の感想はコチラ。 原作にとっても忠実だったと思います。 高良健吾くんの世之介のハマり具...
よくばりアンテナ [2013/03/01 22:28]

『横道世之介』

□作品オフィシャルサイト 「横道世之介」□監督 沖田修一□脚本 沖田修一、前田司郎□原作 吉田修一□キャスト 高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤 歩、綾野 剛、    
京の昼寝〜♪ [2013/03/02 07:08]

横道世之介

吉田修一の小説が原作。 監督は沖田修一。 あっ、このお二人、 名前が似てる!! 舞台は1980年代。 主人公は長崎から大学に、 入学するために上京した、横道世之介。 ごく普通の18歳...
花ごよみ [2013/03/04 00:06]

【横道世之介】あなたに会えて幸せだった

横道世之介    監督: 沖田修一    出演: 高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、井浦新、國村隼、きたろう、余貴美子、朝倉あき、黒川芽以、柄本佑、佐津川愛美、
映画@見取り八段 [2013/03/07 13:38]

横道世之介 ★★★

原作は、「パレード」や「悪人」など、著作が次々と映画化されている吉田修一の「横道世之介」。第23回柴田錬三郎賞、2010年本屋大賞3位を受賞した“青春小説の金字塔”と呼ばれる長
パピとママ映画のblog [2013/03/10 17:39]

横道世之介

 『横道世之介』を渋谷のHumaxシネマで見ました。 (1)出演している俳優陣に興味を惹かれて見てきました。  映画は、主役の横道世之介(高良健吾)が、法政大学に入学すべく、長崎か...
映画的・絵画的・音楽的 [2013/03/10 20:22]

映画「横道世之介」原作より映画にリアルを感じた

映画「横道世之介」★★★☆ 高良健吾、吉高由里子、 池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、 きたろう、余貴美子出演 沖田修一監督、 160分、2013年2月23日より全国公開 2013,日本,ショウゲート (原...
soramove [2013/03/14 07:29]

沖田修一監督『横道世之介』高良健吾、吉高由里子主演

注・内容、台詞に触れています。吉田修一原作の小説『横道世之介』を「キツツキと雨」の沖田修一監督が映画化。上京したての大学一年生・横道世之介の日常と、彼を取り巻く人々の姿...
映画雑記・COLOR of CINEMA [2013/04/22 00:01]

横道世之介

キャッチコピーは「出会えたことが、うれしくて、可笑しくて、そして、寂しい――。」たしか、受賞してた作品だなぁ… でも、クールな美形・高良健吾(「書店員ミチルの身の上話」では、美しいがゆえに、怖いほどの迫力だった)が、なぜ、おばさんパーマ?との素朴な興味から見てみたのですが、80年代の空気を色濃く残し、大学進学のため上京してきた、やや不器用でお人好し。大らかで怖いもの知らずな主人公と、...
のほほん便り [2014/03/28 14:40]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

アクセス数