11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

日々“是”精進! ver.F

大河ドラマ「八重の桜」第30回 

新しい藩名は、斗南…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307280003/



関連記事
スポンサーサイト

category: 大河ドラマ

thread: 大河ドラマ 八重の桜 - janre: テレビ・ラジオ

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3470-2ca1df47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【八重の桜】第30回 「再起への道」感想

尚之助(長谷川博己)は捕虜となり、八重(綾瀬はるか)たちは、米沢藩の知人の家に 身を寄せる。 八重は食いぶちを稼ぐため、反物の行商に励むが、やせ衰えていく佐久(風吹ジュ
ドラマ@見取り八段・実0段 [2013/07/28 20:11]

『八重の桜』第30回

再起への道
悠雅的生活 [2013/07/28 20:27]

NHK大河ドラマ「八重の桜」第30回「再起への道」

絵に描いたような貧乏くじの引き続きでとうとう会津は全面降伏。かくなる上はお殿様の助命嘆願・・・まああれだけ素直にしかも重々しく頭を下げられてしまっては、何とかお助けした...
真田のよもやま話 [2013/07/28 20:47]

大河ドラマ「八重の桜」信念の人30亡くなった人たちの分も生きねば!八重は生きていく事が闘いだ!と悟るも鉄砲を再び持つ事には躊躇いもみせた

大河ドラマ「八重の桜」第30話は会津戦争から半年が過ぎ八重たちは米沢藩の知人宅に身を寄せる日々を送っていた。その頃江戸から東京となった中会津藩は家老・萱野権兵衛の斬首 ...
オールマイティにコメンテート [2013/07/28 20:49]

八重の桜 第30回 「再起への道」

冒頭でジョーが英語で敗者を哀れむシーンから始まり、 再起に賭ける会津人たちを描く回。 会津の女性が屈辱を受けるシーンなんかもありましたが、 前向きに描かれてまし
青いblog [2013/07/28 20:51]

八重の桜 第30回 再起への道

『再起への道』 内容 八重(綾瀬はるか)は、米沢城下にいた。 米沢藩士・内藤の厚意で、屋敷の離れを借り、 母・佐久(風吹ジュン)義姉・うら(長谷川京子)みねらと暮らしていた
レベル999のgoo部屋 [2013/07/28 20:56]

八重の桜 第30回「再起への道」

大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・
みはいる・BのB [2013/07/28 21:00]

「八重の桜」 第30回、再起への道

大河ドラマ「八重の桜」。第30回、再起への道。 会津藩は斗南藩へ。 米沢藩で新しい生活を始めた八重。
センゴク雑記 [2013/07/28 21:37]

八重の桜~第三十話「再起への道」

第二十九話「鶴ヶ城開城」はこちら。 前回の視聴率は14.5%。もうちょっといくと
事務職員へのこの1冊 [2013/07/28 22:04]

〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第30回「再起への道」 萱野権兵衛は山一證券・野澤正平社長か?!

これは第二次世界大戦後にも似てますな。 本当の戦争首謀者は適当なダミーを祀り上げて、己はのうのうと生き残り、 ほとぼりが冷めた頃に、また 綺麗事で描いているが、 結局、萱野
しっとう?岩田亜矢那 [2013/07/28 23:39]

八重の桜 第30回 「再起への道」 会津に帰る道はない・・・

まずは、アメリカは ボストンにいる 新島襄 です。密航したのは、えっと・・・第10回「池田屋事件」の回だったのですね。5年前、八重さんはまだ尚之助さんと結婚していなかった頃。大...
風のうわさ [2013/07/28 23:58]

夢うつつ思いも分かず惜しむぞよまことある名は世に残るともでこぜえやす(綾瀬はるか)

寝ても覚めても変わらぬ気持ちでただただ惜しいと思う・・・誠実そのものであったその名は歴史に残るとしても・・・。 和歌に堪能であった松平照姫が会津戦争の責を負って自刃した
キッドのブログinココログ [2013/07/29 07:23]

八重の桜 第30回「再起への道」〜こづゆって、こんなに美味かっただべか!

 今回は生き残った会津の人たちの思いがさまざまな形で描かれた。  大蔵(玉山鉄二)らは切腹する萱野権兵衛(柳沢慎吾)の言葉を受け、生きて<会津が受けた逆賊の汚名を晴らす
平成エンタメ研究所 [2013/07/29 08:42]

半年後 ~八重の桜・再起への道感想~

第29話からいきなり半年か。 随分と時の経つのが早いこと。 新島襄はクリスチャンの洗礼を受けて、欧米のようにヒゲをはやして、 いかにも欧米文化に親しんだ感じだねえ。 一方で...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 [2013/07/29 20:19]

半年後 ~八重の桜・再起への道感想~

第29話からいきなり半年か。 随分と時の経つのが早いこと。 新島襄はクリスチャンの洗礼を受けて、欧米のようにヒゲをはやして、 いかにも欧米文化に親しんだ感じだねえ。 一方で...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 [2013/07/29 20:20]

『八重の桜』 第30話 「再起への道」

「今は、生き抜くことが戦だ。  生きていれば、いつかきっと、会津に帰れる。  それを支えに生きていくべ」 「今でも、三郎の、おとっっぁまの…死んだみんなの無念を晴らしてえ
英の放電日記 [2013/07/29 21:38]

『八重の桜』第30回「再起への道」★土方歳三、あっという間に戦死--雑い場面やなぁ!

『八重の桜』第30回「再起への道」 アメリカに渡った新島(オダギリジョー)が、明治のスタートに感慨を覚えながらも、戊辰戦争終結後のさらなる内戦への危惧も・・・。 最近は視聴...
世事熟視〜コソダチP [2013/07/30 00:48]

【八重の桜】第30回感想と視聴率「再起への...

大変、遅れてしまって、すみません。第30回の視聴率は、前回の14.5%より下がって、12.6%でした。裏に、サッカー・東アジア杯「日本×韓国」(17.8%)があったので、これに食われて...
ショコラの日記帳 [2013/08/01 23:30]

『八重の桜』第30話

第30話『再起への道』「わしは生きる」by頼母戦争は終わり、明治の世に―それが戦い合ったどちらかの側の視点からではなく遠い異国の地でクリスチャンとなっている新島襄の視点でま...
もう…何がなんだか日記 [2013/08/06 08:41]

『八重の桜』第30話

第30話『再起への道』 「わしは生きる」by頼母 戦争は終わり、明治の世に― それが戦い合ったどちらかの側の視点からではなく 遠い異国の地でクリスチャンとなっている新島襄
何がなんだか…ひじゅに館 [2013/08/06 08:43]

『八重の桜』第30話

第30話『再起への道』 「わしは生きる」by頼母 戦争は終わり、明治の世に― それが戦い合ったどちらかの側の視点からではなく 遠い異国の地でクリスチャンとなっている新島襄
何がなんだか…ひじゅに館 [2013/08/06 08:44]

『八重の桜』第30話

第30話『再起への道』 「わしは生きる」by頼母 戦争は終わり、明治の世に― それが戦い合ったどちらかの側の視点からではなく 遠い異国の地でクリスチャンとなっている新島襄
何がなんだか…ひじゅに館 [2013/08/06 08:45]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数