01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

日々“是”精進! ver.F

大河ドラマ「八重の桜」第42回 

会津旅行…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310200001/


【送料無料】八重の桜(4) [ 山本むつみ ]

【送料無料】八重の桜(4) [ 山本むつみ ]
価格:1,470円(税込、送料込)


関連記事
スポンサーサイト

category: 大河ドラマ

thread: 大河ドラマ 八重の桜 - janre: テレビ・ラジオ

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3719-3fbc6cd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【八重の桜】第42回 「襄と行く会津」感想

新婚のみね(三根梓)と伊勢(黄川田将也)を連れ立て、襄(オダギリジョー)は八重 (綾瀬はるか)とともに会津への伝道旅行に出かけた。 みねを連れて行くことにしたのは、八重の中に、生き別れたうら(長谷川京子)に再会できる かもしれないという淡い期待があったからだ。 そして、ついに踏みしめる懐かしい故郷の土。 山本家が建っていた場所は長屋に変わっていたが、ふとした拍子で、ある残骸を見...
ドラマ@見取り八段・実0段 [2013/10/20 20:05]

『八重の桜』第42回

襄と行く会津
悠雅的生活 [2013/10/20 20:41]

国へ帰って ~八重の桜・襄と行く会津感想~

1882年4月6日、自由党党首板垣退助(加藤雅也)が暴漢に刺された事件。 この時に板垣が叫んだ言葉、「板垣死すとも自由は死せず」という言葉。 実際には言っておらず、「痛い、医者を読んでくれ」と言ったとも、『アッと思うばかりで声も出なかった』ともいう。 自由党の臨時報にも「板垣ハ死スルトモ自由ハ亡ヒス」とあり、政府の密偵文章にも「吾死スルトモ自由ハ死セン」とあったという。 作り話とする...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 [2013/10/20 20:50]

NHK大河ドラマ「八重の桜」第42回「襄と行く会津」

そうだ!会津行こう!ちゃっちゃっちゃっちゃら~ちゃっ、ちゃっちゃっちゃっちゃら~♪そんな物見遊山では終わらない?懐かし故郷会津!激戦の地会津!紅涙の別れの地会津!懐かしくも悲しい成り行きになりそうでええ~。
真田のよもやま話 [2013/10/20 20:51]

八重の桜 第42回 「襄と行く会津」

  板垣退助。加藤雅也さんのノリの良さにお腹痛い…。すみません…。 もうクネ男にしか見えない。 土下座の回といい、今回にしても、大蔵があまり良い感じに描かれていないような気がする。官学校だから?気のせいかな…。 八重の里帰り。 ここで八重がどんな感情を抱くのか、っていうのは重要なポイントになると思ったので、注意深く見ました。 旧習に悩まされた会津でも、やっぱり愛しい...
青いblog [2013/10/20 20:53]

八重の桜 第42回 襄と行く会津

『襄と行く会津』 内容 自由民権運動の盛り上がりと、国会開設の決定されるなか、 板垣退助(加藤雅也)が襲撃される事件が発生する。 その事件のこともあり、運動はいっそう広がりをみせていく。。。 そんななか襄(オダギリジョー)が、療養中の板垣を訪ねる。 民間...
レベル999のgoo部屋 [2013/10/20 20:57]

大河ドラマ「八重の桜」信念の人42八重とみねはうらとの再会にみねが伊勢と結婚の報告をしてうらは涙を流して喜んだ #yaenosakura

大河ドラマ「八重の桜」第42話は襄と八重はみねと伊勢と共に会津へ伝道旅行をする事になった。その会津についた八重たちは全く昔と違う城下町にただただ驚くだけだった。そんな ...
オールマイティにコメンテート [2013/10/20 20:59]

大河ドラマ「八重の桜」 #42 襄と行く会津

八重と襄は会津へ。 久々の再会です。
雨ニモマケズ 風ニモマケズ [2013/10/20 22:19]

八重の桜 第42回 「襄と行く会津」  会津は死せず

自由民権運動の 板垣退助 が襲われます。「自由は死なんぜよ!」ああ、板垣は土佐の人でしたね。ミルクセーキを持ってお見舞いに行く襄。そういえば、八重さんを慰めたときはサンドウィッチを食べさせて、見事プロポーズに成功してましたよね。洋風の食べ物で落とす作戦は、襄の得意技のようです!
風のうわさ [2013/10/20 22:22]

「八重の桜」 第42回、襄と行く会津

大河ドラマ「八重の桜」。第42回、襄と行く会津。 久しぶりの会津。 回想回です。
センゴク雑記 [2013/10/20 23:45]

【八重の桜】第42回感想と視聴率「襄と行く...

【第42回の視聴率は10/21(月)追加予定】「襄と行く会津」うらさん、元気そうで、良かったです♪みねとの再会、感動的でした♪(^^)ただ、今回は、回想シーンが多かったです(^...
ショコラの日記帳 [2013/10/21 00:06]

【八重の桜】第42回感想と視聴率「襄と行く会津」

【第42回の視聴率は10/21(月)追加予定】 「襄と行く会津」 うらさん、元気
ショコラの日記帳・別館 [2013/10/21 00:06]

八重の桜 第42回「襄と行く会津」〜みね、幸せに暮らしているのか?

「私、嫁に行ったんだ」  みね(三根梓)がこう言った時、母親のうら(長谷川京子)の顔が一気に変わる。  今までの他人を拒絶するこわばった顔から、喜びと涙の顔へ。  そして 「よがった、よがった。みね、きれいになって……。幸せに暮らしているのか?」  山本家か...
平成エンタメ研究所 [2013/10/21 08:51]

『八重の桜』第42回「襄と行く会津」★私、余計なことをしたべか?

『八重の桜』第42回「襄と行く会津」 襄(オダギリジョー)は八重(綾瀬はるか)と、みね(三根梓)&伊勢(黄川田将也)夫妻とともに、会津に足を踏み入れました。 城は既に7年前に取り壊されて、かつての山本家が建っていた場所は長屋に変わっております。 「昔、山本家に嫁いでいたうらという人をご存じねえでしょうか?」 地べたを掘ったような場所に気付き八重が「角場だ。」 的...
世事熟視〜コソダチP [2013/10/21 15:37]

〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第42回「襄と行く会津」 板垣死すとも自由はぷう

「板垣死すとも自由は死せず」で有名な岐阜遭難事件。 結構リアリティのある言い方となっていたけど、 きっどさんは相原コージの「コージ苑」の四コマ漫画の 「板垣死すとも自由はぷう」 ってのを思い出してしまった。 「板垣死すとも自由は、」まで言った所で放屁して...
しっとう?岩田亜矢那 [2013/10/21 18:35]

八重の桜 第42回「襄と行く会津」

大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・・・
みはいる・BのB [2013/10/21 20:30]

八重の桜~第四十二話「襄と行く会津」

第四十一話「覚馬の娘」はこちら。 前回の視聴率は12.4%と微動だにしなかった。
事務職員へのこの1冊 [2013/10/21 20:35]

八重の桜 第42回「襄と行く会津」

タイトルだけ見ると、パックツアーの名前かと間違えてしまうようなものですが、襄が会津に行きたいと思うようになったのは、板垣退助に優しくミルクセーキを作ってあげたときに、彼から会津について聞かされたからというシナリオで進んでいきます。京都に帰るとさらっと会津に旅行に行こうと思うと進言する襄に八重達は驚くとともに、ずっとこの時を待ち望んでいたという期待をも感じているようでした。確かに、みねと伊勢も...
ともさんのふむふむ大辞典 [2013/10/21 22:27]

吾死するとも自由は死せんでごぜえやす(綾瀬はるか)

自由民権運動が高まる明治15年(1882年)・・・。 野に下った志士たちは新たなる反政府運動の火種となっていた。 その基本的構造は・・・国家の近代化を急ぐ政府の財政的窮乏と・・・中央集権的制度にありがちな重税の徴収である。 明治維新を成し遂げた革命家たちは次々とこの世を去り・・・残されたものたちはそ
キッドのブログinココログ [2013/10/22 02:44]

『八重の桜』 第42話 「襄と行く会津」

(今週も簡単に……というか、特に書くべきものなしと…いえ、書くべきことはあったが…) 板垣死すとも自由は死せず  日本史に疎い私でも知っている有名な言葉、また、肖像画は100円札に用いられた(50銭政府紙幣にも用いられた)。しかし、てっきりこの場で亡くなった...
英の放電日記 [2013/10/24 09:47]

『八重の桜』第42話

第42話『襄と行く会津』 「自由は死なんぜよ」by板垣 歴史に疎いひじゅには、ここで板垣退助は死ぬのかと思っていたぜよ(^^;) しかも 「板垣死すとも自由は死なず」という有名な言葉を そのまま言ったのかと思っていたので 「死なんぜよ」は新鮮だった>おバカでスミマセンスミマセン そんな板垣と八重は襄を挟んで ミルクセーキ繋がり>ぉ 人民の力を育てるた...
何がなんだか…ひじゅに館 [2013/10/27 14:22]

『八重の桜』第42話

第42話『襄と行く会津』「自由は死なんぜよ」by板垣歴史に疎いひじゅには、ここで板垣退助は死ぬのかと思っていたぜよ(^^;)しかも「板垣死すとも自由は死なず」という有名な言...
もう…何がなんだか日記 [2013/10/27 14:23]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数