09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

日々“是”精進! ver.F

大河ドラマ「八重の桜」第46回 

母親とは…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311170002/



関連記事
スポンサーサイト

category: 大河ドラマ

thread: 大河ドラマ 八重の桜 - janre: テレビ・ラジオ

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3807-ed582570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【八重の桜】第46回 「駆(か)け落ち」感想

母・時栄(谷村美月)が山本家を出て以来、ふさぎ込む久栄(門脇麦)。 八重(綾瀬はるか)は、母親代わりになって久栄を気遣うが、なかなか心を開いてくれない。 そんな中、久栄がただ一人、心を許せたのが徳富猪一郎(中村蒼)の弟・健次郎(太賀) だった。 優秀な兄といつも比較され、肩身の狭い思いをしている健次郎。 2人は悩みを打ち明け合ううちに、結婚を意識し合うようになる。 だが、その...
ドラマ@見取り八段・実0段 [2013/11/17 20:18]

八重の桜 第46回「駆け落ち」

大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・
みはいる・BのB [2013/11/17 20:25]

『八重の桜』第46回

駆け落ち
悠雅的生活 [2013/11/17 20:52]

大河ドラマ「八重の桜」信念の人46久栄との確執に八重はユキとの再会でかつての自分を思い出し久栄のゆく道は自分が選んだ道と説くのだった

大河ドラマ「八重の桜」第46話はみねに待望の第1子が誕生するも産後の肥立ちが悪くその直後亡くなってしまい山本家に暗い影を落とす。一方時栄を追い出した事で八重と久栄の間 ...
オールマイティにコメンテート [2013/11/17 20:52]

八重の桜 第46回 駆け落ち

『駆け落ち』 内容 みね(三根梓)と伊勢(黄川田将也)の間に子が生まれた。 だが覚馬(西島秀俊)は、久栄(門脇麦)に婿を取り、山本家をと考えていた。 母・時栄が家を出て以来、笑顔を見せなくなった久栄。 八重(綾瀬はるか)は、そんな久栄を見守り続けるしかな...
レベル999のgoo部屋 [2013/11/17 20:58]

NHK大河ドラマ「八重の桜」第46回「駆け落ち」

駆け落ち!って、時栄様はもう離縁されましたよねえ。って事は久栄様が!?いやいやいやいや、先週あんな顛末になりましたからねええ、そりゃあ家族の中にもいろんな亀裂が生じちゃってるんでしょうそうでしょう。予告編でも八重様とかなりひどい対立模様でワクワク・・・あ、いえ、心配心配!心配で胸が熱いわ!
真田のよもやま話 [2013/11/17 21:10]

八重の桜~第四十六話「駆け落ち」

第四十五話「不義の噂」はこちら。 前回の視聴率はめずらしく的中して12.8%。で
事務職員へのこの1冊 [2013/11/17 22:22]

〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第46回「駆け落ち」 徳冨蘆花と徳富蘇峰

ジャーナリストである兄の徳富蘇峰はこの後ますます国家主義、全体主義へと走る 「極右」である。 戦前・戦中の軍国主義の元凶であり、戦後A級戦犯容疑をかけられた、 つまりカスである。 そんな輩ほど長生きするのである。 反対に小説家・詩人である弟の徳冨蘆花は 大...
しっとう?岩田亜矢那 [2013/11/17 22:50]

「八重の桜」 第46回、駆け落ち

大河ドラマ「八重の桜」。第46回、駆け落ち。 久栄が徳富健次郎と駆け落ち!(未遂) 八重叔母さん、激怒。
センゴク雑記 [2013/11/17 23:31]

八重の桜 第46回「駆け落ち」〜俺は取るに足らん蘆の花たい!

 今回は八重(綾瀬はるか)が母親になった話でした。  まずは襄(オダギリジョー)が言ったこと。 「私には千人を越す子供たちがいます。あなたが共に歩んでくれたから私は子沢山な父親になれました」  襄にとっては学生たちが子供だったんですね。  このことは八重に...
平成エンタメ研究所 [2013/11/18 09:23]

『八重の桜』第46回「駆け落ち」★影が薄い父・覚馬(西島秀俊)

『八重の桜』第46回「駆け落ち」 帝大生が鍋を突きながら艶っぽい小説について語り合っております。 すると間仕切りを挟んで隣の席に居た山川健次郎(勝地涼)が「帝大生が、小説など! こんな低俗な娯楽にうつつを抜かしている場合か! 東京大学は今や帝国大学となった! お前たちには日本語正しく導く重責があることを忘れるな。」と、クネ男のくせにお堅い説教。 今じゃ活字離れが問題なのにね...
世事熟視〜コソダチP [2013/11/18 14:46]

八重の桜 第46回 「駆け落ち」 レ・ミゼラブルですって!?

最近の大河ドラマは、すっかり ながら見になってます。ゴタゴタが起こるけど すぐ解決しちゃうののよね〜、と思いながら今日もTVをつけていますと・・・徳冨の読んでいる本が、なんと レ・ミゼラブル !おお〜、思わず画面に注目してしまいました。レ・ミゼラブル、大好きなんですw一言で言えば、「ある罪深い男が 娼婦の娘のために一生を捧げる話」って、さすが小説家、あの長い話を うまく簡潔にまとめまてすね!
風のうわさ [2013/11/18 21:20]

大河ドラマ「八重の桜」 #46 駆け落ち

先週から大河らしくない展開。
雨ニモマケズ 風ニモマケズ [2013/11/18 23:05]

先に死んだら後々あることないこと言われるのでごぜえやす(綾瀬はるか)

まあ・・・人間はダメ人間を愛するのだな。 そして・・・ダメ人間を崇めたてまつるさらにダメ人間がいて・・・「文豪」などというものが完成するのである。 そういう流れを悪魔はけして嫌いではないのだった。 しかしだ・・・明治という恐ろしくエネルギッシュな時代を「そこ」で描かなくてもいいのではないかと思う。
キッドのブログinココログ [2013/11/19 05:10]

駆け落ち かと思いきや ~八重の桜・駆け落ち感想~

今回は徳富健次郎と久栄の恋心がメインという感じか。 だんだんとホームドラマになってきているような・・・。 なかなか八重に心を開かない久栄に対して、八重は北海道への旅行ついでに日向ユキと再会し、自分の思った通りに進めばいいということを再確認。 わからないけど、八重は率先してみんなを引っ張っていくようなタイプだったのだろうか。 久栄の異母姉であるみねは24歳の若さで早世。 どう...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 [2013/11/19 20:54]

『八重の桜』 第46話 「駆け落ち」

今回は八重、母となるがテーマ  久栄の母となろうとする八重だが、久栄には母と認めてもらえない。  まあ、前話の久栄と時栄の母娘の仲を取り持とうと、憎まれ役を演じたことが裏目に出ていることが要因ではあったが、久栄に「母を追い出した人に頼るわけにはいかへん」...
英の放電日記 [2013/11/20 12:21]

八重の桜 第46回「駆け落ち」見ました

こちらもオンデマンドで今見ながら書いてます。厄介者の娘と自分を思う様になった久栄ちゃん・・・。徳富健次郎さんだけが今は心許せる相手なのですね。アレ 前髪クネ男さん出た?...
みやさとの感想文と(時々)感想絵 [2013/11/22 14:58]

『八重の桜』第46話

第46話『駆け落ち』 「ぺンで人間の本当を書きたか」by蘆花 先回の時栄のエピもそうだったけど 今回の久栄&蘆花の恋模様も 蘆花自身による小説の影響が濃くて 実際のところはどうだったのか分からないまま… って感じ。 まあ、私は小説そのものは未読なので その小説に影響された見解ということになるけど ともかくも 時栄に関しては 彼女は...
何がなんだか…ひじゅに館 [2013/11/24 15:46]

『八重の桜』第46話

第46話『駆け落ち』「ぺンで人間の本当を書きたか」by蘆花先回の時栄のエピもそうだったけど今回の久栄&蘆花の恋模様も蘆花自身による小説の影響が濃くて実際のところはどうだった...
もう…何がなんだか日記 [2013/11/24 15:46]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数