11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

日々“是”精進! ver.F

劇場鑑賞「かぐや姫の物語」 

“生きる”ということ…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311230001/




二階堂和美/いのちの記憶

二階堂和美/いのちの記憶
価格:499円(税込、送料別)




関連記事
スポンサーサイト

category: 映画

thread: 映画館で観た映画 - janre: 映画

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3834-691af42e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『かぐや姫の物語』 高畑勲の「罪と罰」とは?

 【ネタバレ注意】  2013年、高畑勲監督は実に14年ぶりとなる新作映画を発表した。  『かぐや姫の物語』は、まさに高畑アニメの集大成ともいうべき大傑作だ。これまで世界中を泣かせ、喜ばせ、感動させてきた高畑勲作品のあらゆる要素がここに結実している。  72歳で長編アニメからの引退を宣言した宮崎駿監督よりも、さらに年上で78歳になる高畑監督が発表したこの長編は、心して観たい作品であ...
映画のブログ [2013/11/23 15:29]

映画「かぐや姫の物語」@イイノホール

 今回、私は試写会で本作を2回見る事が出来た。 一回目、文芸春秋さん主催。日曜日の夜の試写会はお子さんから年配の方まで幅広い年齢層で女性客が多い。客入りは7~8割くらいだ。二回目、AOLさんに招待された。平日夜の試写会の客入りは7割弱位でかなり空席が目立つ。
新・辛口映画館 [2013/11/23 17:21]

かぐや姫の物語

切なくて悲しくて美しい!  
Akira's VOICE [2013/11/23 17:38]

『かぐや姫の物語』 試写会で鑑賞〜

                     姫の犯した罪と罰。 『かぐや姫の物語』 監督・原案・脚本・・・高畑勲 製作・・・氏家齋一郎 音楽・・・久石譲 主題歌・・・二階堂和美 声の出演・・・朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、...
pure breath★マリーの映画館 [2013/11/23 19:30]

かぐや姫の物語

公式サイト。高畑勲監督。(声)朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、古城環、中村七之助、橋爪功、朝丘雪路 ...
佐藤秀の徒然幻視録 [2013/11/23 20:06]

かぐや姫の物語

姫の犯した罪と罰(試写会)
悠雅的生活 [2013/11/23 21:50]

かぐや姫の物語

試写会で観ました。正直予告を見た時全然期待していませんでした。絵もシンプル過ぎひん?って思ったのと、「姫の犯した罪と罰」というキャッチコピーに、こういう意味ありげなコピーは怪しい予感がしたんで。ダルくなりそうな。しかも上映時間が2時間17分という長さで...
はるみのひとり言 [2013/11/23 23:06]

『かぐや姫の物語』

生きているという手応えさえあれば、幸せだった。 日本最古の物語「竹取物語」を大胆に新解釈することもなく、ただかぐや姫の心情を中心に描くことで見事に大人の、そして家族の ...
こねたみっくす [2013/11/23 23:35]

かぐや姫の物語

さて、ジブリの高畑監督最新作 風立ちぬと同時公開がここまで遅れたんですよね 高畑監督は火垂るの墓、平成狸合戦ぽんぽこ、そして初期の世界名作劇場のイメージです 独特のタッチの作画とかぐや姫が題材ということで個人的には気になっていたので見てきました 風立ちぬも夏に見ているんですが、個人的にはかぐや姫のほうが好みでしたね あらすじ 今は昔、竹取の翁が見つけた光り輝く竹の中か...
にきログ [2013/11/24 01:05]

『かぐや姫の物語』

もうちょっと高畑勲なりの大胆な解釈とかが加わっているのかと思ったけれど、まんま「竹取物語」だった。 超綺麗なアニメで「竹取物語」を作っているだけ。 まぁその「超綺麗な」 ...
時間の無駄と言わないで [2013/11/24 01:16]

高畑勲監督『かぐや姫の物語』"人の情けをはぐくみて、まつとしきかば今かへりこむ"

※注・内容、ラストに触れています。(なお、あまりの衝撃にファーストインプレッションのみ勢いで書いています。後ほど追記します)高畑勲監督による誰もが知る(しかし本当のお話を知らない)「竹取物語」を題材と
映画雑記・COLOR of CINEMA [2013/11/24 04:40]

[映画『かぐや姫の物語』を観た(寸評)]

      ☆・・・観てきました。  『まどか☆マギカ 叛逆の物語』の三観目と連続して見たのですが、そのクライマックスの「忘却」についての論じ方が、似ている点もあり、こちらの作品の方が、よりクールに描いている点もあり、その符号が興味深かった。  私は、常...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 [2013/11/24 11:21]

和製アルプスの少女ハイジ。『かぐや姫の物語』

「竹取物語」を題材にスタジオジブリの高畑勲監督が手掛けた劇場アニメです。
水曜日のシネマ日記 [2013/11/24 13:10]

かぐや姫の物語

感想にネタバレ含みます。 ↓ ・ ・ ・ ・ ・ 1. テーマは高畑版「生きねば。」 生きろとか生きるって素晴らしいとかはジブリ作品の共通するテーマですが、今回も同じくです。 50億と8年間かけてスタジオジブリのプロが作ってるのだから、褒めざるを得ないようなクオリティではあります。 でも何か褒めきれない部分もあり… 例えばカップル...
青いblog [2013/11/24 13:22]

「かぐや姫の物語」かぐや姫が望んだものに気づいた先にみたお金では手にできない本当に望んだ身近な幸せ

「かぐや姫の物語」は高畑勲監督の最新作で原作「竹取物語」を忠実に描いた作品で、私たちが良く知る竹取物語のかくや姫の視点から観たストーリーである。ありふれた実に有名な作 ...
オールマイティにコメンテート [2013/11/24 17:30]

映画:かぐや姫 「静」と「動」の緩急つけ具合に魅了される。

ジブリ待望の新作。 古典『竹取物語』を元にした、シンプルなストーリー。 のはずが! 上映時間はなんと137分 最大の大作「もののけ姫」の133分を超え、ジブリ作品の長編作では最長(汗) おい大丈夫かと焦る自分が。 で実際は? 終わってみれば... 「例の」クライマ...
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 [2013/11/24 22:00]

かぐや姫の物語

高畑勲監督が『竹取物語』をもとに8年の時間を掛けて創り上げたアニメです。 あの御伽噺がどんな長編映画になるのだろうと気になっていました。 水彩画のような独特の絵の迫力と生きることへの強烈な想いに圧倒されるような作品でした。
とりあえず、コメントです [2013/11/25 00:09]

かぐや姫の物語

昔々、竹取の翁(おきな:老人)と妻の嫗(おうな:老女)は、光り輝く竹の中で眠っていた小さなお姫様を大切に育てていた。 姫は地元の子どもたちと一緒に野山を走り回る元気な女の子に成長したが、竹から出てくる金(こがね)で裕福になった翁は、都で姫を立派な女性に育てようと決心する。 住み慣れた山里を離れ、貴人の娘としての教育を受けた絶世の美女かぐや姫の元には求婚者が殺到するのだが…。 アニメーション。
象のロケット [2013/11/25 10:56]

映画「かぐや姫の物語」感想

11月23日(土)公開の「かぐや姫の物語」を鑑賞してきました。【送料無料】【先着特典:映画「かぐや姫の物語」音源CD(ジャケットと別絵柄の紙ジャケ仕様)...あらすじ:今は昔、...
おぼろ二次元日記 [2013/11/25 12:35]

たけのこ、パタリロ、アントニオ猪木(違)〜「かぐや姫の物語」〜

注※ネタばれで書きますのでこれから行かれる方は鑑賞後に。 予告編でのあのスピード感あふれる墨絵風な絵に まず度肝ぬかれましたね。 どんな展開になるのかまるで想像がつかなくて。 桜の下で嬉しそうにはしゃいでいる姫の笑顔と バックで流れるうたにとっても心...
ペパーミントの魔術師 [2013/11/25 16:10]

映画『かぐや姫の物語』

 新宿ピカデリーにて『かぐや姫の物語』を鑑賞してきました。各回最大客席数の1番シアター(580席)での上映ですが、なぜか唯一小さな5番シアター(157席)で上映している11:40の回で。月曜日の午前中ですが、そこそこの入りでした。  元々は興味のない作品でした。『…
健康への長い道 [2013/11/25 17:48]

かぐや姫の物語 ★★★★

数々の傑作を生み出してきたスタジオジブリの巨匠、高畑勲監督が手掛けた劇場アニメ。日本で最も古い物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫はどうして地球に生まれやがて月へ帰っていったのか、知られざるかぐや姫の心情と謎めいた運命の物語を水彩画のようなタッ...
パピとママ映画のblog [2013/11/27 19:12]

かぐや姫の物語/朝倉あき

スタジオジブリの巨匠・高畑勲監督が14年ぶりに手がけた劇場アニメーション映画最新作は「竹取物語」を題材にかぐや姫の運命を水彩画のような繊細なタッチで描き上げた物語です。 ...
カノンな日々 [2013/11/29 09:42]

[映画][☆☆☆☆★]「かぐや姫の物語」感想

 「ホーホケキョとなりの山田くん」以来14年ぶりとなる、高畑勲監督(兼・脚本、原案)最新作は、「竹取物語」を基にした長編アニメーション。 まったく何の変哲もない、我々のよく知るごく当たり前の「かぐや姫」。にもかかわらず、これほどまでに観る者の心を惹きつけ、
流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 [2013/11/29 19:42]

映画「かぐや姫の物語」

映画「かぐや姫の物語」を鑑賞しました。
FREE TIME [2013/12/01 00:06]

『かぐや姫の物語』

□作品オフィシャルサイト 「かぐや姫の物語」□監督・原案 高畑 勲 □脚本 高畑勲、坂口理子 □キャスト(声) 朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、          田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院 光、宇崎竜童、          ...
京の昼寝〜♪ [2013/12/02 12:30]

「かぐや姫の物語」は人間の業の肯定の物語である

高畑勲監督作品「かぐや姫の物語」を鑑賞。 この作品は、かぐや姫が地球で生まれ、育ち、人と出会い、そして月へ帰る。 かぐや姫が生きる中で起こった出来事の喜怒哀楽を見事に切り取った、 タイトル通り、「かぐや姫の物語」といえる作品だ。 そんな「かぐや姫の物語」は人間の業を描いた作品であるともいえる。 「かぐや姫の物語」におけるかぐや姫の人物像。そして感情。 本作を見て一番強く思...
失われた何か  [2013/12/02 20:12]

「かぐや姫の物語」 生命力のある線

宮崎駿監督と並ぶスタジオジブリの2枚看板の高畑勲監督の最新作です。 当初は「風立
はらやんの映画徒然草 [2013/12/02 21:20]

かぐや姫の物語

 『かぐや姫の物語』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)高畑勲監督が、製作期間8年、総製作費50億円を費やして作ったアニメだということで、映画館に行ってきました。  本作は、原作の『竹取物語』にかなり忠実に従いながらも(登場人物を若干増やしていますが)、な...
映画的・絵画的・音楽的 [2013/12/07 20:04]

『かぐや姫の物語』('13初鑑賞99・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 11月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:20の回を鑑賞。
みはいる・BのB [2013/12/08 11:01]

かぐや姫の物語

かぐや姫の物語 '13:日本 ◆監督:高畑勲「ホーホケキョとなりの山田くん」 ◆主演:朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、古城環、中村七之助、橋爪功、朝丘雪路、仲代達矢、三宅裕司 ◆STORY◆今...
C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 [2013/12/23 20:37]

映画 かぐや姫の物語

JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆スタジオジブリ作品    「かぐや姫の物語」を姫の罪と罰に焦点を当てた作品と言うことで    昔読んだ絵本と違う印象を持ったので見に行ってきました。    映画観はお子様が大勢いて、映画中に話し出すは ...
こみち [2014/01/03 00:22]

かぐや姫の物語

【概略】 竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に育ち、求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜、迎えにきた使者とともに月へと去ってしまう――かぐや姫はいったい何のために地球にやってきて、なぜ月へ帰ることになったのか。この地で何を思い生きていたのか。かぐや姫の罪とは、その罰とはいったい何だったのか。 アニメーション 生きているという手応えさえあれば、幸せだった。 繊細で...
いやいやえん [2014/12/17 09:02]

かぐや姫の物語

2013年 日本 137分 ドラマ/ファンタジー 劇場公開(2013/11/23) 監督: 高畑勲 制作: スタジオジブリ 企画: 鈴木敏夫 原案: 高畑勲 脚本: 高畑勲 音楽: 久石譲 主題歌: 二階堂和美「いのちの記憶」 声の出演: 朝倉あき:かぐや姫 高良健吾:捨丸 地井...
銀幕大帝α [2015/01/22 01:23]

かぐや姫の物語

アカデミー賞、ノミネートまでいったのですが、惜しかったですね。まるで、水墨画のようなタッチだけど、無駄を削ぎ落したビビッドな動きが両立していて感動的。日本人なら、誰もが知っている「かぐや姫」及び、「竹取物語」は古典で学校で習い、原書を覚えさせられたので、「わぁ、あの時代(の図や、微妙な習慣)を映像化すると、こうなるのですね」という意味でも感慨無量でした。古典に、人間的要素が肉付けされていて、...
のほほん便り [2015/04/01 09:05]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数