09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

日々“是”精進! ver.F

大河ドラマ「八重の桜」最終回 

八重は、桜…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312150002/







関連記事
スポンサーサイト

category: 大河ドラマ

thread: 大河ドラマ 八重の桜 - janre: テレビ・ラジオ

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/3900-61f91c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ「八重の桜」信念の人の生涯は会津復興と女性の新たな道を切り開く事に尽くした生涯だった

大河ドラマ「八重の桜」最終話は日清戦争が始まり、八重は広島陸軍予備病院で日清戦争で負傷した兵士たちを看護していた。当初は怯む看護婦もいたが、八重の懸命な看護に次第に勇 ...
オールマイティにコメンテート [2013/12/15 20:22]

『八重の桜』最終回

いつの日も花は咲く
悠雅的生活 [2013/12/15 20:29]

八重の桜 第50回 「いつの日も花は咲く」

八重さん、いったいいくつなんだ。笑 仙人のような頼母との差……笑った。 最後に鉄砲を上に向けて終わる演出は、 なかなか含みがあって良かった。 大河ドラマは最終回の演出はどれも良いです。 八重さんが心情を声に出してるシーンが今日もありましたが、 こちらに何を思ってるのか想像する余地が欲しい。 ああいうところでダイジェストっぽくなって...
青いblog [2013/12/15 20:44]

NHK大河ドラマ「八重の桜」第50回最終回「いつの日も花は咲く」

有終の美を伝えてよ蔦紅葉
真田のよもやま話 [2013/12/15 21:06]

八重の桜 第50回(最終回)

『いつの日も花は咲く』 「絶対にあきらめない!今、福島・東北に誓う」 内容 明治27年、八重(綾瀬はるか)は、広島の陸軍予備病院にいた。 看護婦達を指揮し、日清戦争の負傷者を日本、清国、両者を分け隔て無く、 毅然とした態度で看護をしていた。 中には、危険...
レベル999のgoo部屋 [2013/12/15 21:24]

どんな嵐でも花は咲く ~八重の桜・最終話『いつの時代も花は咲く』感想~

1894年、日清戦争が勃発。 八重は従軍看護婦として広島の病院で働くことになる。 清の人間も手助けする彼女。 清の言葉までわかった・・・というのは作り話だろうが、意志の強い彼女のことだから、『心臓が鉄で出来ている』『白鳥ではなく鷲である』とよばれたナイチンゲールに例えられるのも当然かもしれない。 会津人がそれだけバイタリティがある人間かどうだったかは別として、八重が悔いなく生きたかっ...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 [2013/12/15 21:30]

八重の桜 第50回(最終回)「いつの日も花は咲く」

大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・
みはいる・BのB [2013/12/15 21:37]

八重の桜~最終話「いつの日も花は咲く」

第四十九話「再び戦を学ばず」はこちら。 びっくりしましたねえ。大河ドラマの主人公
事務職員へのこの1冊 [2013/12/15 22:01]

大河ドラマ「八重の桜」 #50 いつの日も花は咲く

どこかの歌で聞いた気がするタイトルですねぇ。
雨ニモマケズ 風ニモマケズ [2013/12/15 22:14]

【八重の桜】第50回 最終回 「いつの日も花は咲く」感想

明治27年、八重(綾瀬はるか)は、従軍篤志看護婦として広島陸軍予備病院で日清戦争の 負傷兵たちを看護していた。 院内は伝染病が発生して危険な状況だったが、八重はひるむことなく勇敢に看護に従事し、 若い看護婦たちを見事に統率する。 すると、その功績がたたえられ、皇族以外の女性で初となる宝冠章を叙勲。 しかし、戦争がきっかけとなった叙勲を素直に喜べない八重は、晴れない気持ちを抱いた...
ドラマ@見取り八段・実0段 [2013/12/15 23:14]

「八重の桜」 最終回、いつの日も花は咲く

大河ドラマ「八重の桜」。最終回、いつの日も花は咲く。 ついに、最終回です。 時代は、日清戦争~日露戦争へ。 八重が、皇族以外の女性では初となる宝冠章を受章。
センゴク雑記 [2013/12/15 23:31]

八重の桜 第50回 「いつの日も花は咲く」 懐かし会津の桜再び

「八重の桜」ついに最終回です!従軍看護婦として活躍する八重さん。白衣の天使・・・というよりも、白衣の戦士みたいに 勇ましいw
風のうわさ [2013/12/16 00:22]

〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第50回「いつの日も花は咲く」 最後の反戦的ドラマとなるのか?

第二次世界大戦の本当の戦犯は 世論を一方向にのみ向かわせ 反対意見を封じる「空気」であり、 共謀共同正犯はその「空気」に迎合したマスメディアである。 奇しくもフジテレビの「リーガルハイ」では現代に NHK大河ドラマ「八重の桜」では日清・日露戦争に舞台を置き...
しっとう?岩田亜矢那 [2013/12/16 01:11]

八重の桜 最終回「いつの日も花は咲く」〜人は自分の花を咲かせるために生きている

 政府の機関紙のように軍備増強を煽る記事を書く徳富蘇峰(中村蒼)はこんなことを言う。 「国家のためです。私は国を愛する者です」  これに対して八重(綾瀬はるか)。 「襄も愛国者でした。でも、襄が愛した国というのはそこに暮らす人間一人一人の事です」  この...
平成エンタメ研究所 [2013/12/16 09:22]

【八重の桜】最終回感想と視聴率&総集編日程

【最終回の視聴率は、12/16(月)午後追加予定】 「いつの日も花は咲く」 総集
ショコラの日記帳・別館 [2013/12/16 12:19]

【八重の桜】最終回感想と視聴率&総集編日程

【最終回の視聴率は、12/16(月)午後追加予定】「いつの日も花は咲く」総集編をNHK総合で、お正月に放送します。2014年1月2日(木)16:00~17:50  第1回~ 第26回2014年1月3日(...
ショコラの日記帳 [2013/12/16 12:21]

あの蒼穹を撃て!・・・でごぜえやす(綾瀬はるか)

・・・なんのこっちゃである。 序盤から・・・何が描きたいのかよくわからない大河ドラマだったが・・・最後にはついに誤射なのである。 もちろん・・・そんなことはないという意見もある。 これほどまでに・・・一人の女性・・・しかも限りなく庶民を描いた大河ドラマはかってなかった。 彼女は歴史上の主役だったこと
キッドのブログinココログ [2013/12/17 03:52]

『八重の桜』最終回「いつの日も花は咲く」★空に傘の花「私は諦めねえ」

『八重の桜』最終回「いつの日も花は咲く」 最終回をスルーするわけにも行かないから感想を・・・・。 −◆− 1894(明治27)年、八重(綾瀬はるか)は従軍篤志看護婦として広島陸軍予備病院で日清戦争の負傷兵たちを看護。 大暴れしている清国人患者。 若い看護婦達は「手に負えません」と八重に助けを求めます。 言葉も通じない清国人患者に「傷が膿んでいます。すぐ治療を受けなけれ...
世事熟視〜コソダチP [2013/12/17 14:24]

『八重の桜』 最終話 「いつの日も花は咲く」

レコーダーが不調で録画できず…… 最初の10分間は未見です。録画できなかったので、レビューを書くにあたっての検証もできず、セリフもあいまいです。 まず、未見の10分間。番組サイトによると 「1894(明治27)年、八重(綾瀬はるか)は従軍篤志看護婦として広島陸軍予備...
英の放電日記 [2013/12/19 20:22]

『八重の桜』最終話

第50話(最終話)『いつの日も花は咲く』「わだすは諦めねえ」by八重それまで敵を撃っていた銃を空に向ける八重。そして、この台詞。解釈は色々あるのだろうけどこのところの流れか...
もう…何がなんだか日記 [2013/12/29 17:14]

『八重の桜』最終話

第50話(最終話)『いつの日も花は咲く』 「わだすは諦めねえ」by八重 それまで敵を撃っていた銃を空に向ける八重。 そして、この台詞。 解釈は色々あるのだろうけど このところの流れから言えば、やはり 「再び戦を学ばず」ということになるのかな? 襄が言った様に 彼も八重も種を撒いたところ。 世の中は戦争に次ぐ戦争で この言葉は全く生かされていない...
何がなんだか…ひじゅに館 [2013/12/29 17:14]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数