09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

日々“是”精進! ver.F

「蟲師 続章」第3話 

意のままに生き物を狩る者あり…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404260000/



関連記事
スポンサーサイト

category: アニメ

thread: 蟲師 - janre: アニメ・コミック

cm 0   tb 9   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4186-53d977e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蟲師   ~ 第4話 夜を撫でる手

蟲師 特別編 第1話  ~ 第4話 夜を撫でる手 ここでの蟲とは動物でも植物でもない、微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達。それらを総じて「蟲」と呼ぶ。それらは形や存在が曖昧で、ヒトと蟲とが重なる時、人智を超えた妖しき現象が生まれ、ヒトは初めてその存在を知る。 生命とは、他をおびやかすために在るのではない。ただ、それぞれが在るように在るだけ── こうした...
動画共有アニメニュース [2014/04/26 06:09]

蟲師 続章 第4話「夜を撫でる手」

第4話「夜を撫でる手」 森で甘い果実酒のような香りと腐臭が混じったような臭いを感じたギンコ。 その先には道具も持たずに狩りをする青年がいた。 辰の中には腐酒という光酒の腐ったもの、蟲になれなかったものが巣食っているんですね。 血に紛れて遺伝するのか~ 稀に腐酒に耐性を持つものが現れる。耐えられなければ早くに死んでしまうと。弟の卯介は耐えられない体質のようです。...
いま、お茶いれますね [2014/04/26 09:41]

蟲師 続章#4「夜を撫でる手」感想

人は闇を畏れ、闇を恐れる。「夜を撫でる手」あらすじは公式からです。夜の山中、道具ひとつ使わずに狩りをする者があった。己の意のままに生命を摘み取り弄ぶ"それ"は──"ヒト"と"...
おぼろ二次元日記 [2014/04/26 14:16]

蟲師 続章 TokyoMX(4/25)#04

第四話 夜を撫でる手 公式サイトから夜の山中、道具ひとつ使わずに狩りをする者があった。己の意のままに生命を摘み取り弄ぶそれは──ヒトと蟲の境に在る、脆弱なるモノ。 山で甘い匂いを嗅ぐギンコ。甘いから酸えた匂いに代わる。人影を見る、動けなくなる。人間?見逃してやる。 動けるようになる、匂いも消える。村で食料を探す、乾し肉は無いのか?少年が乾し肉を販売していた。しかし臭い、新鮮な肉は無いのかい?...
ぬる~くまったりと [2014/04/26 18:27]

蟲師-続章- 第4話 『夜を撫でる手(よるをなでるて)』

兄が親父のようにならなくてよかった! 一期一話のレンズ婆ちゃんみたいなものかな? レンズ婆ちゃんは、意識あったけど。 ・山の王にでもなったつもりか あの山にもヌシはいただろうに、何か行動を起こさなかったのかな。 人間が真似事するぐらいなら、どうってことないのか? 蟲師のギンコの体を縛るような力って怖いな。 ギンコの蟲師としての知識で、何とかならないのかね? あの力で人...
制限時間の残量観察 [2014/04/26 19:57]

闇に遊び・・・ 「蟲師 続章」 第4話の感想。

「踊り戯れるは異形ばかり」 第4話 「夜を撫でる手」 夜の山中、道具ひとつ使わずに狩りをする者があった。 己の意のままに生命を摘み取り弄ぶ"それ"は── "ヒト"と"蟲"の境に在る、脆弱なる"モノ"。 (公式サイトのあらすじより) ・ 山の王様気取りになった辰兄ちゃんの結末。 腕一本だけで済んでよかったよね。 今回は「闇」の演出がおどろお...
あるアッタカサの日常 [2014/04/26 20:37]

蟲師 続章 第4話「夜を撫でる手」

「掌に目玉の様な痣があるだろう  それは腐酒というものに侵されてる印だ」 夜の山で出会った意のままに獲物を狩る者―― 腐酒に侵され変わっていく辰を心配する卯介    【第4話 あらすじ】 夜の山中、道具ひとつ使わずに狩りをする者があった。 己の意のままに生命を摘み取り弄ぶ"それ"は──"ヒト"と"蟲"の境に在る、脆弱なる"モノ"。 日が暮れた山中で濃い果実酒のようなニ...
WONDER TIME [2014/04/26 20:39]

蟲師 続章 第4話 「夜を撫でる手」

夜の山中、道具ひとつ使わずに 狩りをする者があった。 己の意のままに生命を摘み取り弄ぶ「それ」は── 「ヒト」と「蟲」の境に在る、脆弱なる「モノ」。(公式サイトより) 辰(兄)は獲物の動きを止め狩ることができた。 しかしその肉は臭く---口にする者は誰もいない。 彼から漂う腐臭に交じった甘い香り-----。 ギンコは彼が「腐酒:フキ」に冒されていることに気づく--。 ◆続章...
shaberiba [2014/04/26 21:16]

蟲師 続章 第4話

ギンコ(CV:中野裕斗)は、夜の山の中で、光酒のようなニオイを感じます。 しかし、やがてそのニオイは腐臭へと変わって行って、ギンコは何者かに声を掛けられるのでした。 その者は、ギンコが人だと分かると去って行きます。 翌朝、ギンコは市場で買い物をしていました。 そして、干し肉を売っている少年・卯介のところへ行きますが、どうも肉は臭いらしいw 家に行くと新鮮な肉があ...
ぷち丸くんの日常日記 [2014/05/01 14:05]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数