07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

日々“是”精進! ver.F

「蟲師 続章」第6話 

桜と、男と女…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405100000/



関連記事
スポンサーサイト

category: アニメ

thread: 蟲師 - janre: アニメ・コミック

cm 0   tb 8   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4212-2e4c1070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蟲師   ~ 第6話  花惑い

蟲師 特別編 第1話  ~ 第6話  花惑い ここでの蟲とは動物でも植物でもない、微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達。それらを総じて「蟲」と呼ぶ。それらは形や存在が曖昧で、ヒトと蟲とが重なる時、人智を超えた妖しき現象が生まれ、ヒトは初めてその存在を知る。 生命とは、他をおびやかすために在るのではない。ただ、それぞれが在るように在るだけ── こうした「蟲...
動画共有アニメニュース [2014/05/10 05:59]

蟲師 続章・第6話

「花惑い」 桜の名木があると聞き、そこを訪れることにしたギンコ。途中、「どんな病をも直す薬」を作る男の元へ向かう娘に道を教わるのだが、桜は咲いていない。そして、その桜のそばに倒れる美女を発見する。その美女は、薬を作る男、本職は庭師の男の親族というのだが…… 娘・サホは目と耳が不自由。それは、その桜につく蟲を口にした結果。 蟲は、植物の花を美しくさせるが、それを人間が口にすると五...
新・たこの感想文 [2014/05/10 08:22]

蟲師 続章 第6話「花惑い(はなまどい)」

第6話「花惑い(はなまどい)」 花に魅せられ、花に狂った男達の物語。 桜の銘木があり、ひと目拝んで行こうと思い立ったギンコ。 前を歩く娘に道を尋ねる。娘は病の母のために薬を分けてくれるという家に行くために山向こうからやって来た。 しかし件の桜は花をつけておらず空振り。 目的の家へ向かう娘が振り返ってギンコに手を振る姿が可愛いなぁ。 この仕草だけで娘のパーソ...
いま、お茶いれますね [2014/05/10 12:44]

蟲師 続章#6「花惑い」感想

桜に憑かれた一族の歪んだ使命。花はもう限界に来ていた。「花惑い」あらすじは公式からです。枝先に溢れる無数の彩りは、ヒトを魅了する春の美景。それを欲して止まぬ者は、いつし...
おぼろ二次元日記 [2014/05/10 16:58]

匂いたつような、ぞくりとするような・・・ 「蟲師 続章」 第6話の感想。

「美しい女だと思った」 第6話 「花惑い」 枝先に溢れる無数の彩りは、ヒトを魅了する春の美景。 それを欲して止まぬ者は、いつしか禁忌に歩み寄る。 儚き花──咲き誇るは誰が為に。 (公式サイトのあらすじより) ・ 佐保さんは何も悪くないんや! 悪いんは万作一族なんや。。。 接ぎ木するように、首を挿げ替える。。。 300年もですよ。 ...
あるアッタカサの日常 [2014/05/10 18:36]

蟲師 続章 第6話「花惑い」

「物心ついた頃 彼女は既に庭の離れに住んでいた そして今も 変わらぬ美しさでそこにいる」 花に魅了された一族 木霊が宿った木は長く生き美しい花を咲かせる   【第6話 あらすじ】 枝先に溢れる無数の彩りは、ヒトを魅了する春の美景。 それを欲して止まぬ者は、いつしか禁忌に歩み寄る。儚き花──咲き誇るは誰が為に。 旅の道すがら桜の銘木があると聞き立ち寄る事にしたギンコさ...
WONDER TIME [2014/05/10 20:19]

蟲師-続章- 第6話 『花惑い(はなまどい)』

ソメイヨシノは接ぎ木して増えていく 桜が育てたような娘もそういう風にして生きながらえさせなくたっていいじゃない…。 こえええ。これぞ蟲師って作品だな。 ・万能薬を貰えると聞いて 痛み止め…も、モルヒネかい? そんな薬、近代にならんとできないぞ。 麻薬か?麻薬なのか!? 最初からきな臭い雰囲気だしてるねえ。 背景の桜はすごくきれいなのに、老木の700年ほど年数生きている...
制限時間の残量観察 [2014/05/10 21:26]

蟲師 続章 #6

「花惑い」 花キレイ。。 咲きこぼれって素敵な言葉。 うわめっちゃキレイ。 桜の限界なのかしら。 においたつほどの美人さん。 庭師さんなのね。 つかってるんじゃない。 成長が遅い。か。 大事に守り慈しみ。まるで桜の化身のように。か。 吐血! 時間がないって?...
朔夜の桜 [2014/05/14 21:55]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数