11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

日々“是”精進! ver.F

大河ドラマ「軍師官兵衛」第33回 

天下惣無事…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408170000/



関連記事
スポンサーサイト

category: 大河ドラマ

thread: 大河ドラマ 軍師官兵衛 - janre: テレビ・ラジオ

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4370-7c3c5577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『軍師 官兵衛』 第33回「傷だらけの魂」

 天正13年、天下を驚かせる規模で大坂城が完成し、朝廷から「豊臣」の姓を賜った秀吉は、ついに関白に就任しました。巨大な天守閣がそびえ、すべてをまばゆい黄金で作られた茶室には、招かれた小早川隆景と安国寺恵瓊も肝をうばわれます。これほどの権勢を誇る秀吉に従わない大名は、もうわずか。東の徳川家と北条家には、使者を派遣していますが、まだ成果はあがりません。いっぽう九州では、薩摩の島津氏が勢力を拡大し...
ふるゆきホビー館 [2014/08/17 20:19]

軍師官兵衛~第三十三話「傷だらけの魂」

第三十二話「さらば、父よ!」はこちら。 前回の視聴率は16.1%と予想を大幅に下
事務職員へのこの1冊 [2014/08/17 20:27]

官兵衛、キリスト教入信 ~軍師官兵衛第33話『傷だらけの魂』感想~

天下惣無事という目的を掲げる秀吉。 だけど天下惣無事を道薫に否定される。 秀吉の怒りを買うのも当然だけど『天下は回り持ち』という風潮があったからなあ。 秀吉が関白になり、天下統一も間近、というとき、 道薫として生き残った荒木村重は、信長の追手を逃れた我が子と再会するけど、心を開かない。 もうすっかり世捨て人になってるなあ。 父と母を失った茶々はなぜ妻や子を失っても生き続けてい...
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 [2014/08/17 20:47]

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第33回「傷だらけの魂」

ぱっぱっぱ~ぱらぱぱ~ん♪ぱらぱらぱぱらぱ~~~ん♪・・・はっ!傷だらけの天使でも傷だらけの軍師でもなく、傷だらけの魂でしたかっ!こりゃ失敬!いえほら、なああんとなくコンビーフとか食べたくなっちゃう今日この頃の残暑の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日も軍師官兵衛の時間の時間がやってまいりました~。
真田のよもやま話 [2014/08/17 20:52]

軍師官兵衛 第三十三回

『傷だらけの魂』 「傷だらけの魂〜死を望んだ男が流した涙」 内容 天正十三年、秀吉(竹中直人)は関白となり、姓を豊臣と改めた。 そして秀吉は、官兵衛(岡田准一)らを大坂城に集め、“天下惣無事”を伝える。 そんななか官兵衛は、道薫(田中哲司)から茶々(二階...
レベル999のgoo部屋 [2014/08/17 21:37]

軍師官兵衛 第33回「傷だらけの魂」見まし...

ちょっと残念な事に 最初の5分程度が見れなかったんですが今日は久しぶりに見たぞ、という感じの軍師官兵衛です(^^)荒木道薫さん、今回がラストの回となりましたか。今回、一番重...
みやさとの感想文と(時々)感想絵 [2014/08/17 22:10]

「軍師官兵衛」 第33回、傷だらけの魂

大河ドラマ「軍師官兵衛」。第33回、傷だらけの魂。 関白秀吉誕生~九州征伐前。 道薫の話がメインか。
センゴク雑記 [2014/08/17 23:25]

〔NHK大河ドラマ〕軍師官兵衛 第33回「傷だらけの塊」 当時の大坂はめちゃめちゃ狭かった?!

大坂所払いになった道薫に対して利休が 「堺にある庵で茶の湯三昧の日々を過ごすが良い」 と言っている。 当時の堺は大坂ではなかったんですな。 今でも大阪市と堺市は大和川を挟んで完全対立しているけど ちょっと前まで自治都市だった堺は別の国。 信長・秀吉のよって...
しっとう?岩田亜矢那 [2014/08/17 23:31]

【 軍師官兵衛 】第33回 「傷だらけの魂」感想

秀吉(竹中直人)は関白となり、更に姓を豊臣に改める。 秀吉のお伽衆、道薫(田中哲司)と亡き妻「だし」との幼い息子を見つけた 官兵衛(岡田准一)は親子を引き合わせるが道薫は逃げる。 茶々(二階堂ふみ)の望みで城を捨て逃げた過去の話をするよう秀吉に 命じられた道薫は居合わせたすべての者を「化け物」と罵り、殺されることを 望むが官兵衛に止められる。 やがて、官兵衛は右近(生田斗真)...
ドラマ@見取り八段・実0段 [2014/08/18 04:25]

男はそれでも生きていく(田中哲司)女も生きて参ります(二階堂ふみ)

合戦は基本スルーだが・・・荒木村重の生涯だけは描き切ったこのドラマ。 主役が黒田官兵衛である以上、有岡城幽閉は見せ場であり、その仕掛け人を避けて通れなかったわけである。 そういう意味でもう・・・ぶっさんでいいじゃないか・・・黒田官兵衛でなくても・・・と思い当たった今回である。 官兵衛には二つの顔があ
キッドのブログinココログ [2014/08/18 05:13]

大河ドラマ「軍師官兵衛」 #33 傷だらけの魂

官兵衛の洗礼の話でしょうか。 そして、秀吉は関白に就任しました。
雨ニモマケズ 風ニモマケズ [2014/08/18 06:35]

軍師官兵衛 第33回「傷だらけの魂」〜生きてこそ渇ききった心に潤いを取り戻す日が来ます

 人は目標を達成すると迷い始める。  天下統一という目標がほぼ完成した時、秀吉(竹中直人)は、 「関白にまで上り詰めたこのわしには、もはやこの手に入らぬものなどない。  じゃが茶々だけはこのわしに見向きもせぬ。そこがたまらんのじゃ。  逃げれば逃げるほど...
平成エンタメ研究所 [2014/08/18 08:40]

『軍師官兵衛』第33回「傷だらけの魂」★茶々(二階堂ふみ)と道薫

『軍師官兵衛』第33回「傷だらけの魂」 太兵衛が愚痴っています。 「蜂須賀様は阿波。小早川様は伊予。安国寺恵瓊殿までが所領を与えられ大名になったというのに四国平定を先導した我が黒田には何の恩賞もない。おかしいではありませぬか。」 恵瓊って、坊主のくせに、大名になっちゃったんやね。 で、善助「殿は昨年4万石に加増されたばかり。恩賞など欲しくないとお断りになったのじゃ。」 ...
世事熟視〜コソダチP [2014/08/18 11:17]

軍師官兵衛 第33回「傷だらけの魂」

最近のドラマを見ていて感じる事があるのですが、今回のドラマは歴史上の大きな出来事を大きく取り扱うのではなくさらりと流して、官兵衛にまつわる人物を中心にじっくりと描いているように見えます。それは評価を二分してしまうリスクも持っていて、「よくわからない」「つまらない」というネガティブな感想を生み出す可能性もあれば、「今まで知らない世界を見ることができた」「新鮮である」といったポジティブな要素もあ...
あしたまにあーな [2014/08/18 21:23]

軍師官兵衛第33話(8.17)

羽柴秀吉@竹中直人は関白となり、豊臣姓に改姓、 生き地獄に苦しむ荒木村重(道薫)@田中哲司は 秀吉の機嫌をあえて損じ、死を望むが、 黒田官兵衛@岡田准一に救われる。 そんな官兵衛は高山右近@生田斗真の勧めでキリスト教に入信したと うーん、何も琴線に触れるものがないまま一時間過ぎちゃった 前回の親父に今回の村重、退場するキャラに時間をかけすぎだな。 有岡城脱出から意味ありげに再登場した荒木村...
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) [2014/08/19 00:30]

軍師官兵衛 第33回「傷だらけの魂」

大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。 あらすじ・・・・・
みはいる・BのB [2014/08/19 20:44]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数