09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

日々“是”精進! ver.F

「信長協奏曲」第6話 

挟み撃ち…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411180000/



関連記事
スポンサーサイト

category: ドラマ

thread: テレビドラマ - janre: テレビ・ラジオ

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4518-1d68d56a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信長協奏曲「オニが城にやって来た!全国指名手配の書状」

明智光秀(小栗旬・二役)が顔を隠し、家臣に加わったことで、義昭とともにみかどと対面する際の、「お作法」問題も、無事、解決(入れ替わりの術?!)でも、サブローを副将軍に、との申し出を断り「(みんなが平和に暮らせる世の中を作りたいので)、天下、獲りま~す」とやっちゃって(軽っ!)、一気に、全国・指名手配の身に「オニがやってきたぁ」、と城内が騒然となったのは、古田新太、扮する、同じく最近、未来から...
のほほん便り [2014/11/18 08:15]

信長協奏曲 (第6話・11/17) 感想

フジテレビ系『信長協奏曲』(公式) 第6話『オニが城にやって来た!全国指名手配の書状』の感想。 なお、原作:石井あゆみ『信長協奏曲 (小学館)』とアニメは未読。 覆面をかぶった本物の信長(小栗旬)が光秀の名で家臣に加わり、義昭(堀部圭亮)を擁立しての上洛(じょうらく)を提案。面倒な作法を嫌がるサブロー(小栗=2役)の代わりに光秀が信長として帝との対面を済ませ、義昭が征夷...
ディレクターの目線blog@FC2 [2014/11/18 09:20]

信長協奏曲(コンツェルト)第6話★『いいとも!』終わりました

信長協奏曲(コンツェルト)第6話 サブロー(小栗旬)に月代(さかやき)を強く勧める家臣たち。 サブロー「絶対いや!だって、つるつるじゃん!」 森可成(森下能幸)「つるつるは涼しゅうございますぞ。特に夏場は・・」 柴田勝家(高嶋政宏)「やはり、つるつるしかございません。」 サブロー「俺、ずっと黙ってたけど、森りんのその髪型、マジあり得ないと思ってるからね。だいた...
世事熟視〜コソダチP [2014/11/18 09:29]

信長協奏曲 第6話

サブロー(小栗旬)のところに、明智光秀となった信長(小栗旬)が家臣になるとやって来ます。 光秀は他の家臣たちに信長だとバレないように覆面姿でした。 光秀の手土産は、足利義昭(堀部圭亮)を将軍に擁立するという大義名分を持って、織田の上洛を朝廷に了承させようとする良案でした。 半兵衛(藤木直人)もこの案に賛成したので、家臣一同了承します。 しかし、恒興(向井理)が問題点を...
ぷち丸くんの日常日記 [2014/11/18 10:28]

信長協奏曲 #06

『オニが城にやって来た!全国指名手配の書状』
ぐ~たらにっき [2014/11/18 12:29]

信長協奏曲 第6話

「オニが城にやって来た!全国指名手配の書状」 内容 サブロー(小栗旬)は、家臣達を前に、明智光秀(小栗旬=二役)を紹介。 病のため覆面という説明後、光秀は、十三代将軍義輝の弟・義昭(堀部圭亮)が 自身を将軍に擁立する大名を捜してると告げる。 半兵衛(藤木直...
レベル999のgoo部屋 [2014/11/18 17:46]

信長協奏曲 第6話

第6話「オニが城にやって来た!全国指名手配の書状」11.17 ONAIR サブロー(小栗旬)の居城に明智光秀(小栗旬・二役)が家臣になるとやって来た。光秀は他の家臣たちに信長だと悟られぬよう覆面姿で、彼の手土産は上洛の良案だった。足利義昭(堀部圭亮)を将軍と擁立す…
ドラマハンティングP2G [2014/11/18 19:17]

【 信長協奏曲 】第6話「オニが城にやって来た!全国指名手配の書状」 感想

殿はわれらの明かりなのです。 夜道を進むとき、明かりがなければ道を見失ってしまうように 殿がいなければわれわれは前には進めませぬ。 だからどうか強くあってください。 さあ、案ずることは何もありませぬ。 殿の後ろには常にわれらが付いております。 信長協奏曲(コンツェルト) 第6話 「オニが城にやって来た!全国指名手配の書状」         古田新...
ドラマ@見取り八段・実0段 [2014/11/18 21:06]

口は災いの元だからなんとなく金ヶ崎(夏帆)

さて・・・高校生のサプローが戦国時代にタイムスリップしたのが天文二十年(1551年)なのである。 史実では織田信長が金ヶ崎城で浅井長政に裏切られ、朝倉・浅井連合軍の挟撃によって・・・絶対絶命の窮地に陥るのは永禄十三年(1570年)である。 あれから・・・二十年近くの歳月が過ぎて・・・サブローもアラフ
キッドのブログinココログ [2014/11/19 06:16]

信長協奏曲六話&きょうは会社休みます。六話感想

■信長協奏曲六話 なんか、史実どうりの展開になってきたな(笑)袋の鼠もビードロが入ってること以外同じだし。。 心優しい信長は、基本不戦姿勢で、その一本気な平和理想論だけで味方を増やし、時に(たまに。。)戦いに勝利してきたわけだけど。ついに!最大のピンチを迎えてしまった。戦国の世では、たとえ親しき仲でも、状況によっては敵になってしまうこともある不条理な世界だと思い知る信長。浅井長政の苦悩も...
NelsonTouchBlog [2014/11/20 04:07]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数