09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

日々“是”精進! ver.F

劇場鑑賞「想いのこし」 

“想い”は、伝わる…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411250002/





関連記事
スポンサーサイト

category: 映画

thread: 映画館で観た映画 - janre: 映画

cm 0   tb 9   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4533-e685423b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チャラ男矯正ギプスな試練。(爆)〜「想いのこし」〜

皆さん宇宙を見に行く〜言うてんのにね〜(「インターステラー」) そういや去年も断固「ゼログラビティ」は見に行かなかったな〜(おいおい) すいませんね〜、興味の矛先が違うんだよ・・・m(_ _)m 金と女にしか目がないガジロウがひょんなことから事故にあうも、本...
ペパーミントの魔術師 [2014/11/26 18:00]

想いのこし/岡田将生、広末涼子

『ツナグ』の平川雄一朗監督が岡田将生さんを主演にこの世に未練を残して亡くなった4人の幽霊の最後の願いを叶えようと男の奮闘する姿を描いたファンタジー・ムービーです。 出演 ...
カノンな日々 [2014/11/27 20:37]

想いのこし

29歳のダフ屋ガジロウは、金と女に目がない遊び人。 彼は自分の不注意から交通事故に遭うが、幸いにも無傷で助かってしまった。 ところが目の前に、その事故で亡くなった4人の男女が現われる。 この世に未練を残したまま成仏できないでいる彼らは、金と引き換えに、ガジロウにやり残したことを叶えて欲しいと懇願するのだが…。 ヒューマン・ファンタジー。 ≪その時、あなたの想いは奇跡に変わる。≫
象のロケット [2014/11/28 15:30]

想いのこし

試写会で観ました。岡本貴也の小説「彼女との上手な別れ方」を原作に、女と金にしか興味のない男が、この世に未練を残して死んでしまった4人の男女の思いを届けるうちに、本当に大切なものは何かに気付いていく姿を描いたドラマ。女と金、そして楽に日々を過ごすことしか...
はるみのひとり言 [2014/11/28 22:00]

想いのこし ★★★.5

岡本貴也の小説を、テレビドラマ「リーガルハイ」でも共演した岡田将生と広末涼子を迎えて実写化したヒューマンコメディー。金と女に目がない青年が、ひょんなことから現世に未練を遺(のこ)した幽霊たちを成仏させようと奔走しながら騒動を巻き起こしていくさまを、涙と...
パピとママ映画のblog [2014/11/30 13:59]

想いのこし

 『想いのこし』を渋谷TOEIで見ました。 (1)長目の作品が続いたため、少々肩の凝らないものをということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の初めでは、一方で、主役の本田ガジロウ(岡田将生)というダメ男の暮らしぶりが描き出されます。  ガジロウは、ライ...
映画的・絵画的・音楽的 [2014/12/08 07:15]

想いのこし

岡本貴也著の『彼女との上手な別れ方』を映画化したファンタジー&ヒューマンドラマです。 前に原作を読んでいたので、この物語がどのように映像になるのだろうと気になっていました。 物語は読んで知っていたのに、映画を観ていたらやっぱり泣かされてしまいました(T_T)
とりあえず、コメントです [2014/12/27 10:51]

想いのこし

ひょんなことから、強い想いを残して亡くなった人の姿が見えるようになった青年、ガジロウ(岡田将生)。 本来、お気楽タイプだったはずが、お金に目がくらんだのと、彼等の強い「想いのこし」を叶えたら、成仏する姿を見て、願いを叶えてあげたい気持ちになります。 岡田将生と広末涼子のポーズダンス・シーンが、見どころだったかな? 軽く見られるヒューマンコメディー、だったのでした。  ...
のほほん便り [2015/12/28 06:32]

想いのこし

岡田将生、本当に今や日本映画やドラマ、エンタメに欠かせない逸材ですね。目の保養だし 女と金にしか興味のないダメ男の成長物語コメディなのですが、岡田将生、広末涼子のポールダンス・シーンを見るだけで、観る価値アリ かなりのインパクト!です。 物語的に分かりやすいのも、自分には嬉しかったのでした。 期待度、低目だったけど、キャスティングに惹かれ、予想以上に面白かったです。 ...
のほほん便り [2016/02/02 14:29]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数