03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

日々“是”精進! ver.F

劇場鑑賞「ビッグ・アイズ」 

私が、描いた…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201501230000/





関連記事
スポンサーサイト

category: 映画

thread: 映画館で観た映画 - janre: 映画

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/4628-cdd22858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビッグ・アイズ〜はBig Liesを知っている

公式サイト。原題:Big Eyes。ティム・バートン監督。エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、デラニー・レイ、マデレーン・アーサー、ダニー・ヒューストン、ジェイソン・シュ ...
佐藤秀の徒然幻視録 [2015/01/23 20:04]

ビッグ・アイズ/エイミーの素晴らしい眼力

1960年代に大きな目が特徴少女の絵が世界中で大人気となった。本作はその絵の作者マーガレット・キーンと、夫ウォルターが妻の絵を自分のものだと偽った事件の裏側を描いた伝記映画だ。主演は『ザ・ファイター』などのエイミー・アダムスと『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツ。監督は『アリス・イン・ワンダーランド』などのティム・バートンが務める。※1月23日よりTOHOシネマズ有楽座ほかで公開
MOVIE BOYS [2015/01/23 23:14]

ビッグ・アイズ

1958年。 離婚を決意したマーガレット(エイミー・アダムス)は、娘ジェーンを連れて家出。 サンフランシスコで似顔絵描きを始めたマーガレットは、パリで画を学んだという社交的なウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)と出会い、結婚する。 2人の画を売ろうと躍起になるウォルターだったが、ひょんなことからマーガレットが描く“ビッグ・アイズ”が注目を集め、作者は自分だと嘘をつく。 口八...
心のままに映画の風景 [2015/01/24 01:35]

ビッグ・アイズ

評価:★★★☆【3.5点】(P) “ビッグ・アイズ”シリーズ全般と楳図かずおの描くキャラクターが
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 [2015/01/24 19:40]

『ビッグ・アイズ』

コスプレしたジョニー・デップの出て来ないティム・バートン映画は久し振り。 非ファンタジーもだいぶ久々。 オープニングの印刷工程とか最初の町並みとかは如何にもティム・バ ...
時間の無駄と言わないで [2015/01/24 23:01]

ビッグ・アイズ

【BIG EYES】 2015/01/23公開 アメリカ 106分監督:ティム・バートン出演:エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、ダニー・ヒューストン、ジョン・ポリト、クリステン・リッター、ジェイソン・シュワルツマン、テレンス・スタンプ 大きな瞳だけが知っている。 Stor...
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ [2015/01/24 23:04]

ビッグ・アイズ/BIG EYES

ティム・バートンが珍しくジョニーも出さず、実話の映画化に挑む 実在の画家マーガレット・キーンとその夫ウォルター。 60年代のポップアート全盛期に衝撃を与えた"ビッグ・アイズ"シリーズをめぐる秘密が明かされる。 自身もBIG EYESシリーズのファ...
我想一個人映画美的女人blog [2015/01/24 23:38]

『ビッグ・アイズ』 2015年1月24日 TOHOシネマズ有楽座

『ビッグ・アイズ』 を鑑賞しました。 2月27日で閉館の決定している有楽座ですので 私はこれが最後でしょう・・・ 昔はニュー東宝シネマ1,2ってあったころが懐かしい。 有楽座は30年前にはヒュートラの近辺だったんですよね。。。 【ストーリー】  1950年代から1960年代にかけて、哀愁漂う大きな目の子供を描いた絵画「BIG EYES」シリーズが世界中で人気を博す。作者のウォルター・キー...
気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) [2015/01/25 20:12]

ビッグ・アイズ

1958年、アメリカ。 娘を連れて離婚し、絵で生計を立てようとしていたマーガレットは、パリの美術学校に通っていたというウォルター・キーンと出会い結婚する。 マーガレットが描く大きな瞳の子供“ビッグ・アイズ”は世界中で大ブームを巻き起こすが、全てウォルターが描いた絵として販売されてしまう。 ウォルターがアートの寵児としてもてはやされる一方で、マーガレットはアトリエに籠り、ひたすら絵を描いていた...
象のロケット [2015/01/26 11:47]

『ビッグ・アイズ(Big Eyes)』ティム・バートン監督、エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ

注・内容に触れています。『ビッグ・アイズ』(Big Eyes)監督 : ティム・バートン出演 : エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツテレンス・スタンプ、ジェイソン・シュワルツマン、他 ※Memo
映画雑記・COLOR of CINEMA [2015/01/30 00:47]

ビッグ・アイズ

ファンタジーのティム・バートン監督が、実話を基に映画化なんて、どう言う映画になるんだろうと気になっていた『ビッグ・アイズ』を観てきました。 ★★★★ ティム・バートン監督の新境地。 最近、彼の映画が大人の感性になってきたと、新作ごとに感じていたのが、今回は...
そーれりぽーと [2015/01/31 23:21]

いつもと違うティムバートン作品。(;´∀`)〜「ビッグ・アイズ」〜

このときにもっと食ってかかってたらここまでいかなかったろうか。 いやそもそも出会ったとっからして、マーガレットは騙されていたわけで。 私には娘と絵しかなかった。・・・それが ウォルターという「共犯者」を得てマーガレットの書いた「ビッグアイズ」は売れた...
ペパーミントの魔術師 [2015/02/01 00:23]

ビッグ・アイズ

 『ビッグ・アイズ』をTOHOシネマズで見ました。 (1)昨年の佐村河内事件が未だ記憶に生々しかったり、丁度TBSTVで『ゴーストラーター』が放映されたりしていることもあって、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「based on the true event」の字幕が映...
映画的・絵画的・音楽的 [2015/02/03 21:19]

映画ビッグ・アイズと、本「良心をもたない人たち」

実話に基づくティム・バートン監督の作品です。 「ビッグ・アイズ」と呼ばれた大きな目と悲しげな表情の少女の絵。 1960年代この絵を巡ってアメリカでこんな事件が起こったことを知らなかったし、 昨年から映画館に貼られたポスターから本作がこんなストーリーだったは想...
映画の話でコーヒーブレイク [2015/02/11 01:06]

「ビッグ・アイズ」 奪われたアイデンティティ

主人公のマーガレットが劇中で、自分が描いた絵は自分の子供のようなものと言う。 す
はらやんの映画徒然草 [2015/02/28 17:25]

『ビッグ・アイズ』('17初鑑賞13・WOWOW)

☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月13日(月) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 字幕版。
みはいる・BのB [2017/02/19 20:12]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数