07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

日々“是”精進! ver.F

大河ドラマ「真田丸」第42回 

総大将、辞退…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201610230000/




関連記事
スポンサーサイト

category: 大河ドラマ

thread: 真田丸 - janre: テレビ・ラジオ

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5386-359110ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK大河ドラマ「真田丸」第42回「味方」

ゆーうらーくちょーおでええあいまああしょおお~、でお馴染みの有楽町の名前の元の織田有楽斎様!本日から本格参戦だそうで~~。しかもこれ、演じてるのがピッカリコニカのピースサインの御大の井上順ちゃん様じゃないですか!その節はもうもう、おっせええわああにいいなりました~~~って!伝説の人ですよ!できることなら堺御大と・・・いえいえ、あのほら、我らが幸村様ではなく、孫悟空の方の堺御大と!競演対決して...
真田のよもやま話 [2016/10/23 20:48]

〔NHK大河ドラマ〕真田丸 第42回「味方」感想  三谷幸喜は後藤又兵衛が大嫌い?

「我々は徳川に楯突いて」なんて事を言ってたけど、 当の本人の後藤又兵衛は例外。 又兵衛が楯突いたのは黒田長政であり、 それも堀田作兵衛のような信念に基づいての物ではなく、 結構情け無い男のジェラシーが原因である。 更には 「官位や地位で判断されたくない」 と...
しっとう?岩田亜矢那 [2016/10/23 21:13]

大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い42幸村大坂5人衆として評定を纏め戦う体制を定めた

大河ドラマ「真田丸」第42話は大坂城へ入城した幸村はそこで淀殿と再会を果たす。しかしそこでは大坂城に集まった多くの浪人たちで纏まりのつかない状況に陥っていた。そんな中 ...
オールマイティにコメンテート [2016/10/23 22:23]

【真田丸】第42回 「味方」 感想

幸村(堺雅人)は、久しぶりに茶々(竹内結子)との再会を果たす。 一方、家康(内野聖陽)は、幸村が大坂方に加わったことに大きな恐れを抱き、出陣を急ぐ。 大坂城に集まった牢人たちの中には、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)らがいた。 豊臣秀頼(中川大志)は幸村に総大将になってもらいたいと願っていたが、又兵衛や勝永らは激しく異議を唱える。 そこで、幸村は一つの策を...
ドラマ@見とり八段 [2016/10/24 03:53]

真田丸 第42回「味方」~このいくさ、十分に勝てる! 勝算は這い上がろうとする者たち!

「源次郎がいることで烏合の衆であった敵がひとつになる」  徳川家康(内野聖陽)はこう懸念するが、まだまだ、ひとつになるには前途多難であるようだ。  現在、大坂城で問題になっているのは<部屋割り><家格><身分>。  とても、士気が高く、いくさに勝つために...
平成エンタメ研究所 [2016/10/24 08:17]

真田丸「入城」

幸村(堺雅人)は大阪城へと入場し、凛々しく育った、秀頼(中川大志)や、茶々(竹内結子)と再会するも、なまじ厚遇されたり、名将の噂がたつと、それはそれで、嫉妬やそねみが渦巻き。現に、幸村が去ったあと、茶々の叔父・織田有楽斎(井上順)なぞ、それとなく苦言も。部屋も、すったもんだ。一部屋から相部屋になることで決着。また、幸村、大坂入城のしらせを受けた家康(内野聖陽)は、慌てて出陣を急ぐものの、年の...
のほほん便り [2016/10/24 08:30]

真田丸 第42回「味方」

大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第42回「味方」 あらすじ・・・・・・・
みはいる・BのB [2016/10/24 09:27]

真田丸 第42回

「味方」内容大坂城に幸村(堺雅人)は入城した。秀頼(中川大志)に挨拶後、茶々(竹内結子)のもとへ向かい決意を語る。そこに茶々の叔父・織田有楽斎(井上順)がやってくる。上機嫌の茶々だったが、有楽斎は。。。。 早速、大野治長(今井朋彦)から、部屋を用意していると知り困惑。秀頼の命と聞き、幸村も納得するしか無かった。が。そのことで後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)と騒動に。結局、治長に申...
レベル999のgoo部屋 [2016/10/24 18:01]

味方は十万、敵は三十万、けれど情熱で勝る私たち(長澤まさみ)

気分で戦に勝てるかどうかは・・・やってみないとわからないわけである。 もちろん・・・同じ戦力であれば戦意や士気が高い方が有利だとも言える。 だが・・・竹槍と重爆撃機では勝負にならないことが多いようだ。 勝負には絶対はないが・・・いくつかの勝利のセオリーはある。 たとえば・・・先手必勝である。 先に相
キッドのブログinココログ [2016/10/24 19:45]

真田丸 第四十二回「味方」

第四十一回「入城」はこちら。前回の視聴率は15.4%と微増にとどまった。裏の日テレが大騒ぎだったにしても、それを蹴散らす勢いがほしかったなあ。今回は日本シリーズが裏にあるわけで……にしても、さほど脅威に感じないあたりがプロ野球ファンとして哀しい。わたしも、どちらも好きな球団ではあるけれども、菊池の守備(むちゃくちゃに凄いですよね)と黒田...
事務職員へのこの1冊 [2016/10/24 20:32]

大河ドラマ「真田丸」 #42 味方

大坂城に入城した幸村。
雨ニモマケズ 風ニモマケズ [2016/10/25 00:22]

真田丸 第42回「味方」 今回もホントに...

本日もものすごい簡単感想になりますが、書かせてくださいませ!m(__)m今回印象に残ったのは作兵衛さんvsお兄ちゃんかな(^0^)「いや 違う!」「ありがとうございます!」のあのくだり...
みやさとの感想文と(時々)感想絵 [2016/11/03 18:15]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

リンク

月別アーカイブ

アクセス数