FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

日々“是”精進! ver.F

劇場鑑賞「ウインド・リバー」 

詳細レビューはφ(.. )
https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201807280000/




関連記事
スポンサーサイト

category: 映画

thread: 映画館で観た映画 - janre: 映画

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/5915-79703ef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「ウインド・リバー(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『ウインド・リバー(日本語字幕版)』(公式)を、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら80点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ★★★★☆  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。 ★★★☆☆  ...
ディレクターの目線blog@FC2 [2018/07/29 10:39]

ウインド・リバー

アメリカの辺境を舞台に現代社会が抱える問題や現実をあぶりだした「ボーダーライン」「最後の追跡」で、2年連続アカデミー賞にノミネートされた脚本家テイラー・シェリダンが、前2作に続いて辺境の地で起こる事件を描いた自らのオリジナル脚本をもとに初メガホンをとったクライムサスペンス。第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞。主演は「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナーと、「アベンジャー...
映画に夢中 [2018/07/30 21:23]

ウインド・リバー

アメリカ中西部ワイオミング州のネイティブアメリカンの保留地ウインド・リバー。 その雪に閉ざされた山岳地帯で、ネイティブアメリカンの少女の死体が見つかった。 雪山の厳しい条件により捜査は難航。 新人の女性捜査官ジェーン・バナーは、地元のベテランハンターで遺体の第一発見者であるコリー・ランバートに協力を求める…。 クライム・サスペンス。
象のロケット [2018/07/31 10:18]

『ウインド・リバー』 2018年7月28日 角川シネマ有楽町

『ウインド・リバー』 を鑑賞しました。 この映画も良かった! 夏映画は本当に見ごたえある良作多し。 【ストーリー】  アメリカ、ワイオミング州。先住民族が住む深い雪に囲まれたウインド・リバーで、地元のベテランハンターであるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)が女性の遺体を発見する。FBIの新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が派遣され、1人で捜査を開始するが雪山の厳しい...
気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- [2018/08/03 19:46]

ショートレビュー「ウィンド・リバー・・・・・評価額1650円」

生きるためには、戦わなければならない。 凍てついたワイオミングの雪原で、少女の遺体が見つかる。 何者かから激しい暴行を受けた後、裸足で−30度の極寒の中を逃げて、力尽き血を吐いて倒れていた。 第一発見者はジェレミー・レナー演じる魚類野生生物局(FWS)のハンター、コリー・ランバート。 家畜を殺したピューマを追っていて、偶然に遺体を発見したのだ。 死因がはっきりしない中、FBIは...
ノラネコの呑んで観るシネマ [2018/08/03 22:07]

「ウインド・リバー」

2017年・アメリカ 配給:KADOKAWA (提供:ハピネット) 原題:Wind River 監督:テイラー・シェリダン脚本:テイラー・シェリダン製作総指揮:エリカ・リー、ジョナサン・ファーマン、ブ
お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 [2018/08/06 19:16]

『ウィンド・リバー』 アメリカの「インビジブル・ピープル」

Wind River(viewing film) 10年前、ニューメキシコ州サン
Days of Books, Films [2018/08/06 22:25]

『ウインド・リバー』

極寒の保留地で少女の死体が発見された。 FBIの新米女性捜査官がベテランハンターと捜査にあたり、 ネイティブ・アメリカンの村社会の闇を暴き出していく... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原題:Wind River
cinema-days 映画な日々 [2018/08/14 23:22]

「ウィンド・リバー」☆凍て付くもの哀しさ

ただただ静かに立ちはだかる広大で荒涼とした大自然が、その過酷な地に追いやられたネイティブアメリカンの苦悩を静かに物語る。 そしてその結末は映画「ボーダライン」のラストと同様、事件は解決するのに、胸に深く突き刺さったくさびを抜くことはない。
ノルウェー暮らし・イン・原宿 [2018/08/15 00:44]

「ウインド・リバー」

舞台はネイティブ・アメリカン保留地であるワイオミング州の辺境。ウィンド・リバーと名づけられたその土地は、冬の寒さが厳しく、痩せた土地での寂れた鉱山発掘が産業となっているような場所であった。往々にしてネイティブ・アメリカンの保留地は厳しい条件の立地にあるところが多い。つまり彼らは追いやられている、と表現してもいいと思う。そのウィンド・リバーで野生生物局に所属し、土地のハンターとして活動している...
ここなつ映画レビュー [2018/08/27 12:11]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

アクセス数