FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

日々“是”精進! ver.F

劇場鑑賞「運び屋」 

レビューはφ(.. )
https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201903100001/



関連記事
スポンサーサイト



category: 映画

thread: 映画館で観た映画 - janre: 映画

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6072-5c100f56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『運び屋』 2019年2月22日 ワーナーブラザース試写室

『運び屋』 を試写会で鑑賞しました。 上映前に町山智浩のトークがあった。 運び屋以外の主人公の部分はクリント自信を描いたとのこと。 仕事ばかりで家庭を顧みず振り向けば名声はあれど。。。 【ストーリー】  90歳のアール・ストーン(クリント・イーストウッド)は、家族を二の次にして仕事一筋に生きてきたが、商売に失敗した果てに自宅を差し押さえられそうになる。そのとき彼は、車で荷物を運ぶだけの仕...
気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- [2019/03/10 14:56]

運び屋

仕事一筋で家族を顧みなかった老人が麻薬の運び屋になり家族との絆を取り戻すまでを描いている。奇想天外な物語なのだけど、これが実話だから驚いてしまう。悪者よりも肝が座っている。こんな格好いい老人になりたいもんだ。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver [2019/03/10 16:19]

運び屋

運び屋@よみうりホール
あーうぃ だにぇっと [2019/03/10 18:45]

運び屋

巨匠クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた孤独な老人の姿を描いたドラマ。脚本は「グラン・トリノ」のニック・シェンク。イーストウッドは「人生の特等席」以来6年ぶり、自身の監督作では「グラン・トリノ」以来10年ぶりに俳優として出演も果たした...
映画に夢中 [2019/03/10 20:53]

運び屋

90歳のアール・ストーンは退役軍人。 家庭を顧みず高級ユリの生産に打ち込み成功した時期もあったが、今は自宅も農園も差し押さえられ孤独な毎日を送っている。 ある日彼は、簡単に金になるという仕事を持ちかけられる。 高額な報酬に惹かれて引き受けたが、それは巨大麻薬組織の危険な「運び屋」だった…。 クライム・サスペンス。 
象のロケット [2019/03/11 03:15]

映画「運び屋(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画『運び屋(日本語字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら70点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ★★★★☆  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。 ★★★☆☆  まあま...
ディレクターの目線blog@FC2 [2019/03/12 16:48]

『運び屋 THE MULE』('19初鑑賞20・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月8日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 12:55の回を鑑賞。字幕。
みはいる・BのB [2019/03/13 14:42]

「運び屋」

2018年 アメリカ/マルパソ・プロダクション配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:The Mule 監督:クリント・イーストウッド原案:サム・ドルニック脚本:ニック・シェンク撮影:イブ・ベランジェ製
お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 [2019/03/17 23:00]

映画「運び屋」

映画「運び屋」を鑑賞しました。」
FREE TIME [2019/03/17 23:41]

「運び屋」☆伊達男の欲しかったもの

新聞記事に載っていた「90歳の男性が麻薬の運び屋で逮捕」という記事にヒントを得て作られた作品。 クリント・イーストウッドが落ちぶれて家族も失ってしまった伊達男の悲哀を、見事なヨレヨレ感で演じている。
ノルウェー暮らし・イン・原宿 [2019/03/18 10:24]

「運び屋」

長年家庭を顧みずに仕事…とそれにまつわる家族抜きの楽しみごと…を中心に生活してきた男。一人娘の行事や発表会はもとより彼女の再婚式にも出席することなく、勝手気ままに生きてきた。だが、熱心に取り組んできた百合栽培の仕事が時代の移り変わりと共に上手くいかなくなり、遂には農園を差し押さえられる事態になる。その時には、彼に残っていたものは何もなかった。金も居場所も、家族からの信頼も。そんな男アール・ス...
ここなつ映画レビュー [2019/04/15 18:23]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

アクセス数