FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

日々“是”精進! ver.F

劇場鑑賞「ロケットマン」 

レビューは↓
https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201908230000/




関連記事
スポンサーサイト



category: 映画

thread: 映画館で観た映画 - janre: 映画

cm 0   tb 5   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://brook0316.blog.fc2.com/tb.php/6146-f9999e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロケットマン

イギリス・ロンドン郊外の町ピナー。 不仲な両親の元で育った少年レジナルド・ドワイトは、天才的な音楽センスを見出され11歳で国立音楽院に入学する。 やがてロックに傾倒した彼は、ミュージシャンになることを決意し「エルトン・ジョン」と名乗ることに。 作詞家の青年バーニー・トーピンとのコンビによって数々の曲を生み出し、スターダムへ駆け上がっていく…。 音楽ヒューマンドラマ。
象のロケット [2019/08/26 10:22]

ロケットマン

グラミー賞を5度受賞したイギリス出身の世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。並外れた音楽の才能でまたたく間にスターへの階段を駆け上がっていった一方で、様々な困難や苦悩にも満ちたエルトン・ジョンの知られざる半生を、「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」や「ロケット・マン」など数々のヒット曲にのせたミュージカルシーンを交えて描いていく。日本でも社会現象となった大ヒット作「ボヘミアン・ラ...
映画に夢中 [2019/08/28 21:07]

『ロケットマン』 2019年8月25日 イオンシネマ市川妙典

『ロケットマン』 を鑑賞しました。 売れてしまうとこうなるのかな、、、頂点には何が待っているのか? 【ストーリー】  少年レジナルド・ドワイトは、両親が不仲で孤独だったが、音楽の才能に恵まれていた。エルトン・ジョン(タロン・エジャトン)という新たな名前で音楽活動を始めた彼は、バーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)と運命的な出会いを果たし、二人で作った「Your Song/ユア・ソング(僕...
気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!- [2019/08/30 19:08]

「ロケットマン」

タロン・エガートン天晴れ!やるとは思っていたが(高飛車)、本当に素晴らしかった。あの小生意気な感じの若造がよくぞここまで化けてくれた!世界的に名を馳せ、トップクラスの実績があるミュージシャンの伝記物と言えば、近年では「ジャージー・ボーイズ」や「ボヘミアン・ラプソディ」などグループ物が目立っていたと思う。どちらも素晴らしい作品で、「ボヘミアン・ラプソディ」の方はアーティストへの想いがあり過ぎて...
ここなつ映画レビュー [2019/09/11 12:33]

『3人の信長』『ホテル・ムンバイ』『ロケットマン』『ガーンジー島の読書会の秘密』トーホーシネマズ日比谷11,9,13.シャンテ3

同日鑑賞を4本まとめてレビュー。 ◆『3人の信長』トーホーシネマズ日比谷11 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★解説付きで絵解きで見せる技術がなかなか巧み】 捕まえてみれば信長か3人と言う事態、まあ、全員の首を斬ってしまえばいいじゃないかと素人考えでは思うのだが、亡き殿の墓前に手向けるにはそういう雑な事は出来ないらしい。勿論フィクションだろうが、納得のいくアイデアであり、上手い事を思...
ふじき78の死屍累々映画日記・第二章 [2019/10/17 21:52]

page top

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

アクセス数